*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ23話>

端宗1年(1453年)10月10日、首陽(スヤン)大君とヤン・ジョンが
「百年の計」という名分のもとに決起して左議政キム・ジョンソを謀殺しました。
と・こ・ろ・が!キム・ジョンソは生きており、必死に宮殿へ向かおうとします。
しかし首陽大君が通った後の敦義門は閉じられて城壁の中に入ることはできず
西小門にまわっても、それがだめならと崇礼門に行っても通れませんでした。

寧陽尉邸に着いた首陽大君は、ハン・ミョンフェに兵の配置を任せて端宗と謁見。
ちなみにこの夜の承旨はチェ・ハン、内侍はボン・ソクジュだったそうです。
キム・ジョンソとファンボ・インと安平大君がイ・ジンオクと謀反を計画しており
急を要したので始末しました!残党の討伐も許してください!と報告された端宗は、
すべてを首陽大君に一任。首陽大君は命牌(ミョンペ)で重臣たちを招集します。

深夜に呼び出された重臣たちが一人ずつ寧陽尉邸の門をくぐると、
『生殺簿』に印をつけるハン・ミョンフェの合図でおそろしい儀式が展開されます。
私が大物の命を握っているのだ・・・とハン・ミョンフェが笑うように、
刀を振り下ろされるかどうかの運命はすべて彼が握っているのでした。
こうして命を落としたのは、領議政ファンボ・イン(ホン・ユンソンが儀式実行)、
兵曹判書チョ・グックァン、イ・ヤンとその他大勢の権力者たち。
加えてユン・チョゴン、イ・ミョンミン、ミン・シンらも処刑されました。
誠寧大君の屋敷に隠れていた安平(アンピョン)大君は江華島に流刑となります。

大事を成し遂げた面々はハン・ミョンフェを囲んで喜びをかみしめていました。
言動を正さないと大君に迷惑をかけるぞ!とホン・ユンソンがまた注意されてます。
するとそこに、キム・ジョンソが生きているとのしらせが届き、皆が焦ります。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ24話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ22話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント