*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ18話>

馬上から弓をびゅんびゅん放ち大きな岩を軽々と投げる頼もしいホン・ダルソンは
訓練院の職を得るより科挙を受けたいとハン・ミョンフェに話します。
ハン・ミョンフェはホン・ダルソンのほかにも他にも十数人の仲間を得ました。

ハン・ミョンフェがチョン・インジ宅を訪ねた際の無礼にクレームが来たらしく、
ミョンフェ夫人ミン氏の母ホ氏が怒鳴り込んできました。
ちょうどハン家に居合わせたクォン・ナム夫人イ氏が庇っています。
首陽家に滞在中の妓生ナンは、首陽大君息子の桃源君にはっぱをかけました。
「父上不在の今、長男のあなたが男の気概を見せてください」と。

「『兵要(ピョンヨ)』を至急ひろめて先王が軍人に伝えようとした遺旨を果たし、
『兵書(ピョンソ)』は『孫子』を先に配り、『三綱行實(サンガンヘンシル』は
『孝子圖(ヒョジャド)をまず配る」という国への献策をしたためた書状が
明にいる首陽(スヤン)大君から都承旨カン・メンギョンに届きました。
それを見せられた端宗は、全部実行します!と無条件で受け入れます。

1453年(端宗1年)、帰路の途中で首陽大君は威化島(ウィファド)に寄ります。
そこは65年前の1388年(ウ王14年)5月22日に太祖大王が軍を撤退させた場所。
イ・ソンゲが王命を拒否し軍を撤退する決定を下した場所でもあり(威化島回軍)
その3年後に太祖大王が朝鮮王朝を創建したという経緯がありました。
「四不可論、すなわち軍を動かすべきでない四つの理由とは・・・
生国が大国に逆らうことが第一の不可、夏に兵を挙げることが第二の不可、
国を挙げて遠征に赴くと倭敵の侵攻を受けることが第三の不可、
蒸し暑い時期には弓の糊が溶け兵に疾病が蔓延することが第四の不可なり」と
“四不可論”を諳んじたシン・スクチュに首陽大君がしみじみと言いました。
「没する太陽を一緒に見よう、そなたと旅ができてよかった・・・」。

出発前の約束どおり、安平(アンピョン)大君が兄を出迎えに平壌へ向かいます。
その前に迎えに来たオム・ジャチ内官から人事異動の件を聞いた首陽大君は激怒!
平壌へ乗り込むと、落馬して横になっているはずの安平大君が妓生と遊んでます。
弟と二人きりになった首陽大君は珍しい法帖をプレゼントして喜ばせると、
王室を安定させるために端宗に王妃を迎えさせようと提案しました。
国葬だからと安平大君は反対しますが、首陽大君が強い語調で押し切ります。
そして端宗は4ヶ月の長旅から戻った首陽大君の手を取って出迎え、宴を開催。
大惨事「癸酉靖難(ケユジョンナン)」の幕開けでした。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ19話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ17話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント