*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 93話>

昔を思い出した世祖が、死ぬ前に何か望みを叶えてやると粋嬪ハン氏に言います。
息子を王にして!とはもちろん言わず、義父上の亡き後が心配ですと答えるハン氏。
では世子(後の睿宗)に王子たちのことを頼んでおこうと世祖が請け負います。
すると、義父上の業を私に受けさせてください、私が看病しますとハン氏が切り出し、
王座以外なら何でもやるという世祖に、「領議政の座をください」とズバリお願い。
「どうせなら領議政の娘を嫁にもらいたい」とその理由を説明しました。
考えてみようと答える世祖に、このご恩は一生忘れませんとハン氏が礼を言います。

宮殿に来られて喜ぶ者山君(チャサングン)の姿に、嬉しそうな王妃(貞熹王后)。
桂陽君夫人ハン氏がすかさず涙ぐみ、粋嬪らが本来の後継者だとアピールします。
「父の暮らした東宮から兄の月山君(ウォルサングン)は目をそむけたのに、
者山君は駆け込んで父の席に座りひじ掛けをなでて泣いていました」と
孫のようすを王妃が世祖にしらせて二人でしみじみしていたのも束の間、
聡明な者山君が父親の後を継いでいたら名君になったでしょうという王妃の言葉に、
世子の何が不満だ?月山と者山の出入りを禁ずるぞ!と世祖がブチ切れました。

翌朝になっても世祖は王位を退かず、退位を進言したヤン・ジョンを投獄しました。
馬と弓矢の名手だったヤンは、卑しい身分でしたが、癸酉靖難で手柄を立てて出世。
愚直な言動が多かったため、ハン・ミョンフェが彼を北方に派遣していたそうです。
そのハン・ミョンフェにハン・チヒョンが粋嬪の「大妃になる」という野望を伝え、
領議政にするからヤン・ジョンの件は静観してくださいと持ちかけました。
私を信じて行動に出た者を出世のために見捨てられない!と断るも、
結局ミョンフェは粋嬪からの提案を受け入れたらしく静観を決め込んでいます。
ホン・ユンソンとホン・ダルソンは憤り、世祖を「あの男」呼ばわりします。

世祖が突如「決着をつけに」ミョンフェの家を世子を連れて訪問しました。
その動きを王妃付きのイム尚宮がすぐさま粋嬪ハン氏に報告してまーす。
誥命(コミョン)を聞いて世子のことを支えてほしいと世祖はミョンフェに頼むと、
ヤン・ジョンをどうするべきだと思うか?と問いかけました。
「生かせば殿下の威厳が失墜するから生かしてはいけません」とミョンフェ。
癸酉靖難の日に戻り幼君を守った後は人知れず野に下りたかった・・・と話す王に、
歴史は殿下がつくったのです・・・!とかつての盟友が励ますように断言します。
こうして、靖難の二等功臣であるヤン・ジョン(楊山君)が首を斬られました。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 94話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 92話>

スポンサード リンク


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/10 00:11 ] [ 編集 ]
ちょうど作業中にコメントのおしらせを受信して速攻で直しました!
おっしゃるとおりコピペの後に消し忘れていたようで重複です。
超ヘンな文章のままアップしてましたね(汗)
ご指摘いただいて助かりました。ありがとうございました!
[ 2011/03/10 00:15 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント