*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 89話>

吏曹判書ハン・ミョンフェと世子妃ハン氏は殯宮で無言で向き合い続けていました。
この二人は言葉にしなくてもテレパシーで会話ができるようです。

世子が亡くなったのはソン・ヒョンスや魯山君(ノサングン)の呪いだ!と怒る世祖。
枝や幹を切ろうとも根が残っていればまた生える!と力説し、
錦城(クムソン)大君、府院君ソン・ヒョンス、魯山君の極刑を命令します。
世祖のことがおっそろしい重臣たちは異議を唱えることはもちろんできず
かろうじて領議政チョン・インジが絞首刑という方法にだけ反対しました。
「私は関知しない」と世祖から王命書を投げられた礼曹判書ホン・ユンソンが
承旨や承伝色を通さずに私に直接渡すのはどうして?とミョンフェに質問。
王命のとおりに賜薬で絶命させたら褒美はもらえないぞ♪と教えられたユンソンは、
寧越(ヨンウォル)に向かう禁府都事にある残酷な命令を耳打ちしました。

ソン・ヒョンスはすでに命を断っていましたが、もう一度首を絞められます。
錦城大君イ・ユは意外なことに素直に賜薬を飲み干しました。
そして寧越。魯山君がソン氏(定順王后)お手製の綿入りの服に顔を埋めていると、
身なりを整えて王命を受けよ・・・という禁府都事の声が聞こえてきました。
幼い魯山君へのあまりに無常な王命を伝えられずに泣き崩れる都事。
魯山君はムシロが敷かれているのを見ると王命の内容を理解し、
最後に父上に挨拶したいと願い、都の方角へ向かって拝礼を始めます。
すると拝礼している途中に、役人の一人がとつぜん魯山君の首を締め上げました!

『燃藜室(ヨルリョシル)記述』によると、その官吏は体が動かなくなり死亡。
王命により川に投げ捨てられた魯山君の両手の指はきれいに水面に出ており、
寧越の戸長オム・フンド(前話登場)と地元有志らが意を決して埋葬したとか。
イ・ギが書いた『松窩(ソンワ)雑記』にも粗末な扱いがされたと記されており、
どの記録が正しいにせよ一時放置されていたことは確かだと推測されるようです。
ただ『朝鮮王朝実録』では魯山君がみずから首をつり葬儀が行なわれたとあるそうで、
「歴史はまさに勝者の記録だ」というナレーションが流れました。

京畿道高陽県では、世子の葬儀がしめやかに、重臣総出で行なわれていました。
世宗21年に生まれた懿敬世子イ・ジャンは体格がよく顔立ちも端正♪で
世宗がことさら可愛がっていました。しかし世祖即位の三年後の9月に20歳で逝去。
宮殿へ戻ってみせる!と心に誓いながら幼子とともに家に戻った世子妃ハン氏を、
執事イム・ウン、ヒャンイ、キルリョ(ユンソン側室)らがひれ伏して迎えます。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじの合間に>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ12話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント