*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ12話>

酒を甕で飲むほど大酒飲みで乱暴者の司僕寺主簿で承文院副正学ホン・ユンソン。
松都の敬徳宮でハン・ミョンフェの弟分だった腕っ節自慢のヤン・ジョン。
この二人が本格的にミョンフェの配下となり、ガラの悪い奴を集めろと命じられます。
ミョンフェったら女にはやさしいけど手下にはけっこうスパルタ教育ですね。
その後ミョンフェは部下を養うお金を都合してくれと首陽大君に頼みました。

奔競禁止は安平大君を標的にしたわけではないと右議政キム・ジョンソが弁解。
いやいやなんとなくわかっていましたよ~と安平大君が友好的に答えます。
そんな安平大君にキム・ジョンソが本心を託した詩を渡しました。
「大空は本来もの寂しく 玄妙な調和を誰に聞くか
人が道を外さなければ 雨が降り日が出ることで順応する
風に従い桃李に触れれば 満開の花便りを促す
湿ったものが麦畑に及ぶと すべての地が一様に潤うのだ」
自然を詠んだ詩の中に、安平大君が民を導くべきという意味が隠されていました。
当代一の名筆家である安平大君は、その返事に水墨画を届けさせました。
岩間から天に向かって生える蘭の姿に、キムの側室ジンニョが絶賛しています。

首陽大君、桃源君(首陽息子)、ハン・ミョンフェ、クォン・ナムそれぞれの妻である
ユン氏、ハン氏、ミン氏 イ氏がお茶会で親睦を深めています。セレブ集合ですね。
ミョンフェに辛く当たってい義母ホ氏は婿の出世の気配に大喜びです。

幼い端宗を慰労するため、首陽夫人ユン氏が寧陽尉(端宗義兄)を連れて訪問。
宮中のことに干渉するとは!と恵嬪ヤン氏がなじってユン氏らを追い返しました。
先代の側室のくせにしゃしゃり出るなんて!と嫁ハン氏が憤りまくっています。

ミョンフェがいきなり妓生ナンと抱き合っています。この突然具合がすごいです。
ナンは安平大君とキム・ジョンソがやりとりした詩と水墨画のことを教えてくれ、
それを知ったミョンフェがすぐさま首陽大君にしらせるのでした。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 89話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ11話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント