*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 87話>

世祖の命令を無視して東宮殿(昌徳宮)に残りつきっきりで看病する世子妃ハン氏。
月山君(ウォルサングン)に続いて二男の者山君(チャサングン)も生みました!と
昏睡する世子に出産を報告して取りすがって泣いていますが、
「一日だけでいいから王位についてくれなきゃ」ってのが正直な気持ちのようです。
って、重態の世子様の床のそばでいくらなんでも大声出しすぎですよハン氏・・・

この事態にムカムカしている世祖は、ぜーったい助けろよ!と御医に命令。
まだ若い盛りに喀血だと?女々しい奴め!海陽(ヘヤン)大君はまだ7歳だ!
私に何かあったらやっと掴んだ王位を誰がつぐのだ!とイラつきを隠せません。
兄上(文宗)が生きていたら私の命があったと思うか?と王妃(貞熹王后)に問い、
兄上の見舞いに朝晩通って枕元で空涙まで流したのに・・・と苦労を話します。
そして文宗の位牌がある文昭殿(ムンソジョン)にかけこむと、
魯山君(ノサングン)を生かすから世子を助けてください!と号泣するのでした。

世子様が危篤のこんなときに辞職ですか?自分で殿下に言ってくださいよ!と
領議政チョン・インジに辞職願を突き返す吏曹判書ハン・ミョンフェ。
考えのない老いぼれめ!今の栄華は誰のお陰だと?とけちょんけちょんです。
辞意を伝えられた世祖も、こうも変わり身が早いとは!と怒鳴り飛ばしました。
別に他意はなかったのに・・・とチョン・インジがビビってます。

王妃が浄業院(チョンオボン)に送ったお米や女官を拒否するソン氏(定順王后)。
愛する夫・魯山君のために一人で糸をつむいでいます。

さて順興(スヌン)では、下人カップルが錦城(クムソン)大君が書いた檄文を持ち出し
安東(アンドン)府使ハン・ミョンジンに差し出しました。
事が発覚したと悟ると順興府使イ・ボフムもすぐに寝返り、密告しに都へ。
世祖から見せられた証拠の檄文を譲寧(ヤンニョン)大君はろくに読みもせず、
錦城ですな!ほーら言わんこっちゃない!始末すべきです!とふんぞり返ります。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 88話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 86話>

スポンサード リンク


お邪魔します。

端宗夫妻が哀れ過ぎて、このあたりは見るのがつらかったです。いくらなんでも長老なのに過激なヤンニョン大君や野心家過ぎるハン氏にどん引きです。

「王と私」冒頭で端折りまくっていたこの部分、「妃」でじーっくり満喫し理解が深まりました。

にしても怖い…。

別ドラマですが、トンイ、あらすじ拝見してあまりに爽やか結末で拍子抜けしました(笑)なんだかしっくり来ない~
[ 2011/02/25 23:13 ] [ 編集 ]
こんばんは
BS日テレでは、今日がこの回でした。改めてハン氏は鬼ですね(泣)さすがにどん引きしました。このドラマの結末をみたら、仕方ないなと思います…
細かいですがチョンインジの俳優さんは女人天下王妃父の方でしょうかo(^-^)o
ノサングンを生かすから世子を助けてと文宗位牌にとりすがる世祖ですが、理屈がよくわかりません(ToT)
郡夫人のソン氏はキム・ヨナに似てますね
[ 2011/05/11 02:17 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~♪


> 端宗夫妻が哀れ過ぎて、このあたりは見るのがつらかったです。いくらなんでも長老なのに過激なヤンニョン大君や野心家過ぎるハン氏にどん引きです。

私はけっこう譲寧大君がツボにはまってひそかにファンでした。
王室という観点から見るとわりと正しいこと言ってるんですよね~
もちろん端宗はかわいそうと思うのですが。


> 改めてハン氏は鬼ですね(泣)さすがにどん引きしました。このドラマの結末をみたら、仕方ないなと思います…

はい、私もそう思います。譲寧大君はツボなんですが
同じような主張のハン氏にはどうも共感できない不思議。


> 細かいですがチョンインジの俳優さんは女人天下王妃父の方でしょうかo(^-^)o

たぶんそうだと思います!
「王と妃」を見ると、「女人」での声裏返り演技のすごさがわかりますね♪
[ 2011/08/12 00:09 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント