*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 60話(最終回)>

『監察下女チェ・トンイのコスプレ事件簿』もいよいよ最終回でーす!
粛宗の反対を押し切って淑嬪チェ氏(トンイ)がイヒョン宮への出宮を決定。
このまま宮殿で左うちわで暮らせるのに!と皆(特にポン尚宮)が思ってますが、
亡き父や兄がそうだったように宮殿を出て貧しい人々のために暮らすことで
延礽君(ヨニングン)にそんな自分の姿を見て育ってほしいとトンイが話します。
引っ越して早々に「トンイがいない宮殿は退屈だ」と粛宗がイヒョン宮を訪問し、
殿下は私にとってすべてです♪とコクられて照れまくってます。アホらし~。

イヒョン宮の塀を壊したトンイが「行列のできるよろず相談所」をオープン!
ヨリという少女の父の濡れ衣を晴らすためにさっそく名取祐子活動を開始します。
何度も押しかけて事件をかきまわすトンイに捕庁の役人がうんざりしていますが、
わたしは容疑者の外知部(ウェジブ=弁護士)ですから♪とトンイはにっこり。
尋問でいためつけられたヨリの父チルボクを見ると憤慨して医官を呼んでやると、
ソ・ヨンギ(徐龍基)、チャ・チョンス(車天寿)、シム・ウンテク(沈雲澤)、
監察府チョン尚宮、ジョンイム(貞任)たちを召集して捜査会議を開きました。
ちなみにソ・ヨンギは官位を捨てており賎民に武術を教える活動をしています。

「淑嬪様にそっくりな娘だ」と両親に騙されてオ・ホヤン(呉浩陽)が結婚。
翌朝、隣に寝ている妻の顔を見るなりぶったまげて部屋から飛び出しました。
うしろ姿は似てるでしょ?と両親がアイゴーアイゴー説得していますが・・・。

ある夜、粛宗がわざとらしくイヒョン宮の近くを通り、ついでにイヒョン宮へ。
事件のことを聞いた粛宗はひそかに内禁衛(ネグミ)の兵を動かしてやります。
そうそう掌楽院コンビのファン・ジュシク僉正とヨンダル(英達)も健在で、
捕庁従事官と戸曹佐郎が密会しているのを目撃してシム・ウンテクに報告。
ヨリ父が殺したとされる戸曹算士たちは税金を二重に奴婢に納めさせていて、
不正の証拠である帳簿を奪おうとした捕庁従事官たちが捕らえられました。
オレの手柄だもんねーと自慢げな粛宗が、賎民の税金を半分にしてくれます。

トンイに助けられた民が集まり、トンイの誕生祝に東屋を建築してくれることに。
この光景を忘れてはなりません・・・と雲鶴(ウナク)師匠が延礽君に教えると、
「もう母上に会いたいと駄々をこねません。母上の教えを心に刻みます!」。
うれしそうに延礽君を抱きしめるトンイを、粛宗とハン尚膳が眺めるのでした。
その夜、粛宗とトンイは市場でおデート。トンイが選んだノリゲを「安物だ」と言い、
店にあるの全部くれ!と大人買いしようとする粛宗をトンイがたしなめて止めます。
「機会はまだまだあります。来年も、再来年も、10年後も、20年後も・・・」。
粛宗がトンイを抱きしめようとしたそのとき、蔵から誰かがさらわれるのを目撃。
ようすを探るためにトンイはまた粛宗の背中の上に乗り塀を越えようとします。
「ウゲエッ以前より重くなってる・・・!」「チョナ~相変らず貧弱ですねっ」。

時がすぎ、延礽君が李氏朝鮮王朝21代国王・英祖として即位。
「夢に母が出てきて『ふくらはぎを出しなさい』と笑っていました・・・」と
トンイのお墓・昭寧(ソリョン)園で英祖がチャ・チョンスに話しています。
近くにマツケ虫を捕まえている少女がいて、その子は幼い頃のトンイにそっくり。
淑嬪様のお墓だからお金をもらったらダメと父も言っています・・・と話すその子に、
貴い志を抱いて貴い人になりなさい・・・とチャ・チョンスが声をかけました。
その少女の名は偶然にもトンイで、父親に「トンイ」と呼ばれて振り返ると、
オーバーラップしてトンイになり、粛宗と二人で仲睦ましく歩いて行くのでした。


―― 完 ――

※各登場人物の結末をひとことでまとめたリストはこちらです。
※気づきや雑談はこちらのカテゴリでアップしていきたいと思います。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ60話のその後に>  | HOME | <「同伊(トンイ)」あらすじ 59話>

スポンサード リンク


 完全版なのかわかりませんが今から楽しみです!
 衛星放送で何話か見ていましたがやはり最初からじっくりと見たいです。
 
 トンイってED3種類ありますよね。
 子供が歌うバージョン
 女性が歌うバージョン
 韓国版米良美一ぽい男性?バージョン

 子供のはチャングムの時のように監督がこだわりを見せたパンソリに力を入れている子供達っぽくてほのぼの
してしまいますね。
 個人的には日本の童謡で「私の人形は良い人形~♪」なフレーズと被ってしまってます。
 
 あとこちらのヒビンも楽しみです。
 以前妖婦チャンヒビンとキムヘス版チャンヒビンを比べられてましたがぜひこちらのバージョンのヒビンも加えて頂きたいです。
 どんな評価されるのかな?
 
[ 2011/04/09 22:15 ] [ 編集 ]
えりこさま、コメントありがとうございます!

>  子供が歌うバージョン
>  女性が歌うバージョン
>  韓国版米良美一ぽい男性?バージョン

すごい!私はここまで明確に意識してませんでした。
「あ、今日のは違う・・・」と思うことはあったのですが、3種類だったのですね。
子供の歌声を使うってのはけっこう考えた演出だな~と思います。


>  あとこちらのヒビンも楽しみです。
>  以前妖婦チャンヒビンとキムヘス版チャンヒビンを比べられてましたがぜひこちらのバージョンのヒビンも加えて頂きたいです。

それおもしろそうですね!
禧嬪ネタではないのですがちょっと考えている種類の記事があるので
そのときにトライしてみたいと思います。ありがとうございました♪  
[ 2011/09/09 23:54 ] [ 編集 ]
いろんな物語とか?たくさん映画とか、ドラマなんか作られますが、ほとんどが、こんな現実はあり得ないと、解っていて、ただ妄想の
物語を書いているだけ、現実は誰も皆
手にした財産も、権力も手放したりしない事は知っている
醜い生き物です人間は、皆
それを解って
生きるべきですね?
[ 2012/04/01 23:42 ] [ 編集 ]
風邪小僧さま、はじめまして!
コメントありがとうございます。

> 現実は誰も皆
> 手にした財産も、権力も手放したりしない事は知っている
> 醜い生き物です

いまgyaoで「王と妃」見てますが
ハンミョンフェを見ているとけっこうしみじみそう思います。

権力や財産にこだわらない人もこの世にいるとは思うのですが
まったくこだわらない人は表舞台に出ないのでドラマになりませんし
それにやっぱり醜さを描いたドラマのほうがおもしろいですね♪
(まあその中に愛やら忠誠心やらがあるとホロっとするわけですが・・・)
[ 2013/02/02 02:27 ] [ 編集 ]
NHK地上波では、昨日(日付変わっておとといですが)がトンイの最終回でした。
週1の放送で、間何回か休みもありましたので、1年3か月以上の放映期間でした。
ほとんどがフィクションですけど、うまくまとめられてておもしろかったと思います。
キム・ヘス版のチャン・ヒビンを一時期並行してみてたのですが、こちらを先に見ていたせいか、机バンバン叩きながら恫喝しまくるヒビン様が恐ろしくて仕方ありませんでした。

NHKですので、毎回どこかしらがカットされていると思うのですが、

> 「淑嬪様にそっくりな娘だ」と両親に騙されてオ・ホヤン(呉浩陽)が結婚。
> 翌朝、隣に寝ている妻の顔を見るなりぶったまげて部屋から飛び出しました。
> うしろ姿は似てるでしょ?と両親がアイゴーアイゴー説得していますが・・・

ここはまるまるカットされていました。
確かに一番どうでもいいシーンなんでしょうけど、
ちょっと気になるところなんですけどね~。
ここだけ見るためにレンタルするのも何だかなという感じですし。

地上波では、イギリスドラマを挟み、「太陽を抱く月」を放映するようです。
うめ子さんのあらすじを拝見して、見るかどうか決めようかなと思っています。
[ 2014/05/06 00:27 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント