*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 59話>

内旨標信を強気に手にしたトンイ(同伊)のそばに王妃(仁元王后)もやってきて
兵曹参判チャン・ムリョル(張武流)が最後までジタバタしながら捕えられます。
すぐに出宮せよと命じられたときトンイは粛宗の禅位計画を王妃に教えに行き
ムヨルが世子の行列の経路が急に変更したことも突き止めて報告していました。
粛宗の禅位計画を知った王妃は、ムヨルに騙されている可能性に気づいたのです。

ムヨルの悪事の証拠は殿下が探してくださいます♪とトンイがにっこり太鼓判。
実はムヨルが兵を掌握した時点でトンイはいち早く外出先の粛宗に手紙を送り、
彼は必ず逃げ道を用意するから周辺の動きを内禁衛に探らせろと伝えていました。
案の定、ムヨルとのつながりを隠したい少論派が証拠を隠滅しようと動き出し、
火薬業者を都から逃がそうとしていた右議政イム・サンヒョンの手下が御用に。
トンイの出宮を遅らせるため籠屋にツキヨタケの粉を飲ませていたのもバレます。
宮殿に戻った粛宗はトンイを見るなり「一人にしてすまなかった!」と抱きつき、
チャン・ムヨルには打ち首を、右議政イム一派には流刑&死罪を言い渡しました。
延礽君(ヨニングン)とトンイの身分をけなしながらムヨルが去って行きます。

ついに粛宗が譲位を発表。重臣たち関係者全員の大反対も受け入れません。
世子は撤回を求めて(なぜか白装束ではなく正装で)席藁待罪(ソッコデジェ)。
そんな中、粛宗の決心を覆すために延礽君を養子にすると王妃が言い出します。
「王妃の座を捨ててまで世子を守ろうとした淑嬪のために私が延礽君を守ろう」。
つーことはトンイは私家で暮らさないんじゃ?とオ・ホヤン(呉浩陽)が大泣き。
淑嬪に似た娘を探してあげるから結婚しなさい!と母親が言い聞かせています。
それにしてもこの一家、いつもアイゴーアイゴーとうるさいにぎやかですね。

延礽君には母親が二人になるのです・・・と夜の裏庭で粛宗に微笑むトンイ。
トンイが予定通りイヒョン宮で暮らすつもりと知った粛宗が驚いて引き止めるも、
延礽君を王妃様の子として育て王妃様に誠意を示すためですと説明しました。
「あの子が王になるなら体に流れる血を忘れず賎人のための王になってほしい」。
そんなトンイの思いを聞いたチャ・チョンスが納得したように笑みを浮かべます。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 60話(最終回)>  | HOME | <景宗派→英祖派に立場を変えた仁元王后>

スポンサード リンク


 実際もこの役者さんくらい美しい方だったのかなと妄想にふけってしまいます。
 この回では延礽君を養子にとトンイに持ちかけてましたが私は密かに
 え~?!インモク大妃でも嫁いだ時点で相手が父親かお爺ちゃんくらい
年上だったのに二人産んだんだよ!
 あなたも若くて別嬪さんだから頑張りなよぉ(,,゚Д゚)
 て、思ってました。
 それで子供ができて王子だったら今の韓国は違った歴史になっていた
でしょうか?
 女人天下みたいに悲しいドロドロドラマになっていたかもしれませんね。
 養子よりも実の子供を次の王位を!って。
 
 
[ 2012/06/13 01:58 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント