*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 81話>

上王・端宗を追い出せと譲寧(ヤンニョン)大君に説得されても世祖は頷きません。
都承旨ハン・ミョンフェは昌徳宮の出入りを禁じたことを世祖に報告しつつ、
幽閉してると思われるとまた謀反が起こるから時々一緒に行事に参加しろと提案。
お前と心は一つだからいちいち報告せず好きなようにやれと世祖が認めます。
王に「一心同体」と言われたらしい!と噂されるミョンフェは今や都で一番の権力者。
側妻ヒャンイは正妻ミン氏を、もう少し如才なくふるまってくださいよ~と教育中。
清廉潔白だった主人は袖の下を受けているの?と子供みたいな質問をするミン氏に、
あったりまえじゃないですか!袖の下も使いようです♪とヒャンイが笑って答えます。

王妃(貞熹王后)や淑嬪ホン氏(文宗側室)は上王のことを心配していますが、
あれほど庇ってきたのに甥は私を斬らせようとした!と世祖の怒りは収まりません。
父の左議政ハン・ファクが明に上王廃位の承諾をもらうはずと世子妃ハン氏に聞き、
そなたは誠に恐ろしい人間だな・・・とイヤそうな表情の世子(桃源君)。
あなたは王位を継いでくださいね♪そうすれば私たちの子も王ですから♪と
子を宿したおなかを撫でながら夫の非難をものともせずにニッコリ笑う世子妃。
とつぜん激しく咳き込んだ病弱世子を、情けなさそうな顔で世子妃が見つめます。

罪を見逃した恩やら地位保全やらをカタに重臣一同をまるっと脅してまわり
上王廃位を願い出させる手はずを整えたハン・ミョンフェですが、
吏曹判書クォン・ラムと兵曹判書シン・スクチュは汚れ仕事から遠ざけています。

世子妃の父で謝恩使として明へ赴いていた左議政ハン・ファクは清州出身。
高麗(コリョ)の侍中(シジュン)ハン・ガンの子孫でした。
姉は明の皇帝・永楽帝の側室で皇帝のそばで仕えたこともあり、
外賓を接待する光禄寺少卿(クァンノクシソギョン)に任じられたそうです。
そのハン・ファクが明からの帰途に息を引き取り、世祖は衝撃に包まれました。
役人が鴨緑江(アムノッカン)で棺を迎え、ハン・ミョンフェも付き添います。
ハン・ファクには3人の息子がいましたが(いたんですね~!びっくり!)
傑出していたのは後に仁粹(インス)大妃となり権力を手にする世子妃だったとか。
当の世子妃はなぐさめてくれる王妃に「父が案じていた孫の行く末」を持ち出し
上王の存在が脅威であることをすかさずアピールして姉の桂陽君夫人とニヤリ。
従兄弟ハン・チヒョンが父の遺言を聞けなかったと知ると机バンバンとお怒りです。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 82話>  | HOME | <中宗にもっとも寵愛された側室・敬嬪朴(パク)氏>

スポンサード リンク


はじめまして。ときどき寄らしてもらっています。
ヒャンイは美人じゃないけど存在感ありますね。
彼女を見出した桂陽君夫人も出番が増えましたし。
近所に住んでたら嫌だけど、結構好きです。
[ 2011/04/27 23:52 ] [ 編集 ]
りくにすさま、はじめまして!コメントいただきありがとうございます。

> ヒャンイは美人じゃないけど存在感ありますね。

そうなんですよね~。
決して美人ではないのですがあのずうずうしい振る舞いに
ついつい注目してしまうんです(笑)
ついでにメイクが古臭いところにも注目しちゃいます。


> 彼女を見出した桂陽君夫人も出番が増えましたし。
> 近所に住んでたら嫌だけど、結構好きです。

桂陽君夫人もずうずうしくてイイ感じですよね。
そしておっしゃるとーり!私も身近にはいてほしくないです!
もし身近にいるのなら絶対味方じゃないとやだ!

またいつでもお寄りくださいませ♪
このたびはコメントありがとうございました。
[ 2011/04/29 04:24 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント