*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王妃チャンノクス」あらすじ52話のその後に>

「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」の最終話までのあらすじを終えました。

このドラマについての個人的な感想を少し述べさせていただきます。
まず「三大悪女」のチャンノクス(張緑水)の物語だと思って見ると
ちょっぴり肩透かしをくらうかもしれません。
タイトルこそ「チャンノクス」ですが、主役は燕山君ですね。
燕山君に同情的な視点で「哀しき王」として描かれています。

正直「大作!」とはいえないであろうこのドラマですが、
「王と妃」での燕山君時代をまだ視聴していない私には、
「王と私」よりも燕山君の治世を細かく知ることができました。
中宗反正前後のことも初めて詳細に見ました。

ノクスの部分は幼少~側室になる部分まではかなり創作入ってる?気がします。
けっこう性格わるいんですけど、カラッとしているからかあまりムカつきませんね。
女性陣については、化粧が濃い~!肌色づくりが黒め~!なのが気になりました。
「女人天下」も古いドラマですがメイクがわりとスタンダードなんですよね。
時代のズレ感がさほど大きくないのが今となっては功を奏しているのかも?
そうそう、大妃(貞顕王后)はやっぱり“ふくよかな香坂みゆき”、
チャン・ノクスは“頬肉の少ない立河宜子”に見えて仕方ありませんでした。

あと、内容はかなり簡単。アホらしいシーンも多々あります。(例:オープニング)
ややこしくなく、登場人物が異様に多いということもありません。
おかげであらすじもサクサクペースでアップできました♪

視聴を迷っている方は以上をご参考にしていただければ幸いです。
スポンサード リンク
<中宗にもっとも寵愛された側室・敬嬪朴(パク)氏>  | HOME | <「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 52話(最終回)>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント