*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 38話>

お祖母様はどうしてそんなに私の母を憎むのですか?とズバリ聞く燕山君。
王の継妃を選ぶために姑(貞熹王后)が普通どおり揀擇しようとしたのを
私が後宮から選べと主張して名家の娘ではなくユン氏を選んでやったのよ!
なのにあの女ったら側室に嫉妬して巫女を呼んだり毒を盛ろうとしたうえ
王の顔に傷までつけて!それでも私は廃妃に反対して謹慎ですませてやったのに
反省もせず今度は王の似顔絵に巫女に矢を射させたの!と大王大妃(仁粹大妃)。
その息子を廃位しなかったのを今でも後悔しています・・・と高笑いしました。
知っていました・・・今からでも晋城(チンソン)を王にしたいのでしょう?
真相を明かして母上の恨みを晴らします!と燕山君が祖母に宣戦布告しました。
老い先短い大王大妃様を責めないでくださいと大妃(貞顕王后)が懇願すると、
晋城を害することはありませんからご安心ください・・・と義母を思いやります。

亡きユン氏の母シン氏が大殿に呼ばれ、娘の最期のようすを詳細に教えました。
あいつらめ~!切り刻んでやる~!と大噴火した燕山君の怒号が響き渡ります。
こうして始まった大粛清が有名な甲子士禍(カプチャサファ)でしたが、
怒りまくる燕山君の姿とは裏腹に復讐劇は計画的かつ冷酷に進められたそうです。

まずはチョン貴人とオム昭容が引きずり出され(フンという顔で見送るパク尚宮)、
さっそくチュリの刑&焼きゴテじゅーじゅーがスタート。
誰の命令か言えば助けてやる(=大王大妃の命令って言わんかい!)と迫る王に、
ねいのんっ!とチョン貴人が怒鳴り返してユン妃のことをけなしまくりました。
せっかく助けてやろうと思ったのに・・・と王が静かな口調で言った後ボコります。
そろそろおやめくださいとおそるおそるノクスが止めても、燕山君は冷静そのもの。
チョン貴人の息子・鳳安君(ポンアングン)と安陽君(アニャングン)を呼び、
こいつらは大王大妃を殺そうとしたやつらだから罰を与えなさいと命じました。
真っ暗だったため鳳安君はそのまま叩き、安陽君は母と気づき叩けなかったとか。

次に燕山君は猫っ首をつまむみたいにして二人の弟を大王大妃殿へ連れて行き、
晋城のかわりにこの二人の孫の酒をお受けくださいとドボドボドボドボ~ッ。
晋城の酒をお望みなら連れてきましょう・・・と燕山君が残酷な提案をすると、
ね・い・のーーーーーーーん!!!と大王大妃が怒鳴りました。
血つき生地を取り出し、大王大妃の周りに侍る尚宮らをチクチク嫌味責めした後、
刀を振り上げようとした燕山君の前にはだかった大王大妃が突き飛ばされました。
記録ではこのときに大王大妃の胸を突き刺したともあるそうですが、
後に燕山君が王位を追われただけにその記録を疑問視するのも当然だとか。
ちなみにこの38話の間、晋城大君(後の中宗)は「オモニ~」と大妃に抱きつき、
怖くてたまりません!と怯え、大君なんだからしっかりなさい!と叱られてました。
スポンサード リンク
<「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 39話>  | HOME | <「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 37話>

スポンサード リンク


弥生師匠のblogコメントでは仲良くさせていただいてます♪

質問ですが
なぜインスばあさんに孫の酒ドボドボが
残酷なことを意味するんでしょうかぁ~

まだここまで本編をみてないのに気になり先読み予習を楽しんでおります~マングカムニダー
[ 2011/02/09 01:28 ] [ 編集 ]
ヒメリンゴさま、いらっしゃいませ~!コメントありがとうございます。


> なぜインスばあさんに孫の酒ドボドボが
> 残酷なことを意味するんでしょうかぁ~

わかりにくかったみたいで、すみません。
孫の酒ドボドボ~というよりは(それもコワかったんですが)、
大王大妃が一番かわいがっていて王にしたいと思っている
チンソン大君を(この二人の王子みたいに)ここに連れて来ましょうか?
ってのが残酷(というか意地悪な)提案だったと書きたかったのでした。

って、インスばーさんって・・・(笑)
全く本当にそう書きたくなってしまいたくなるようなばーさんっぷりですよね。

それでは、またいつでもいらしてくださいませ!マングカムニダー
[ 2011/02/09 21:36 ] [ 編集 ]
うむ、やはりここのブログは面白いです。
何より突込みがテンポよく楽しいです。
あまり見れないですがサンテレビ(ローカル局)お昼からやっていますね。。
そしてこの回は、(▼▼)ぐりぐりがありました♪じゅーっといい音も♪(*^日^*)゛
三大悪女らしいのですがナンジョンがやはり自分的には一番悪いかな?と思います・・
[ 2011/03/26 14:43 ] [ 編集 ]
甘酒さま、いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。

面白いと言っていただけて何よりです。とてもうれしいです。
(とはいえ本人はあまり突っ込んでいるつもりもないのですが
皆さんが突っ込みのことをコメントしてくださるので
突っ込み体質なのだと自覚している今日この頃です)


> そしてこの回は、(▼▼)ぐりぐりがありました♪じゅーっといい音も♪(*^日^*)゛

あまりにおぞましいシーンはいやなんですが、
グリグリやジューッとか、ソッコデジェとか、いっそ私を・・・とかの
お約束シーンになるとちょっとだけうれしくなってしまう私がいます。
[ 2011/08/12 16:57 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント