*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 53話>

お前のために命を懸けて秘密を守ったのに!と責めるオクチョン(張禧嬪)に、
本当に私を思うなら隠すべきではなかった!聖君になりたかった!と世子が反論。
世子の病を知った粛宗は怒りに顔をゆがめ、就善堂(チソンダン)を訪ねました。
清の薬剤を飲み続ければ治ります!時間をください!とオクチョンが懇願するも、
国の将来にかかわる重大事を一年間も隠されていたと知った粛宗は怒り心頭。
世子の病気が悪化したら今度は延礽君(ヨニングン)を追い詰めるのか?と
怒鳴って就善堂を出て行く粛宗にオクチョンが泣いてすがりつくのでした。

やべ~と思ったヒジェは延礽君の処罰を求める大臣たちの連座を一旦解散。
ほどなくして、世子は世継ぎができない病だというウワサが宮殿に広まりました。
トンイ(同伊)はその発信源がチャン・ムリョル(張武流)とすぐさま悟り、
あーたが内医女を利用してやらかしたことを殿下にバラすわよ!と釘を刺します。
粛宗には「私も世子の病を知っていながら言えませんでした」と謝りました。

オ・テプン(呉太豊)とホヤン(浩陽)親子がユン氏(オクチョン母)を告発。
トンイが暮らした私家の放火とホヤン殺害未遂事件の真相が明らかになりました。
(放映時間の都合でばっさりカットするとしたらこの親子だと思っていたのに
最後にこのような重要な役まわりがあるとカットしづらそうですよね~・・・)

危機感を抱いたオクチョンが少論派重鎮・右議政イム・サンヒョンの屋敷に赴くも
“執事ごとき”に追い返され、頼みの綱だった後ろ盾もついえてしまいました。
逃亡をはかろうとした母もあえなく捕まり、就善堂の宮女も捕らえられます。
必ず淑嬪(=トンイ)と延礽君の屍を差し出してやる!とオクチョンは心に誓い、
燃やしちゃえ!と兄ヒジェに命じました。チャン家は放火好きファミリーですね♪

ヒジェが燈燭房(トンチョクバン)の周りをうろついていた!怪しい!と
ソ・ヨンギ(徐龍基)&チャ・チョンス(車天寿)が思いっきり警戒を強める中、
東宮殿から火の手があがり、おまけに世子の行方がわからず、宮殿は大騒ぎ。
禁火司(クムファサ)だけでは足りず人手を集める疊鐘(チョプチョン)が鳴り、
宮門が開けられると消火活動をするための民が宮殿内になだれこんできました。
チャ・チョンスはすれ違った男が毛麻鞋(モマヘ)を履いていたので、「!?」。
足音を消すために底に毛を貼った、盗っ人御用達のファーシューズだからです。
その男は延礽君に襲い掛かり、とっさにかばったトンイが斬られてしまいました。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 54話>  | HOME | <王妃チャン・ノクス 相関図 その1>

スポンサード リンク


時々拝見しております。
48話の巫女さん登場のあたりで「放火大好き」がチャン家の運命として定着しちゃったようですね。
「トンイ」では一家ぐるみでしたが、「チャングム」や「イサン」にも、敵役の女性に、ちょっと抜けてる「兄上」が登場していました。イ・ビョンフン作品の鑑賞ポイントの一つかもしれないと思いますが、それ以上は知らないのです。どうなんでしょうね。
このお話の張禧嬪は呪咀など信じないしやらないのでどうなるのだろう、と思って見ておりましたが、そうか、こうなるのか・・・
[ 2012/05/04 15:25 ] [ 編集 ]
りくにすさま、こんにちは!
笑ってくださってどうもありがとうございました♪

「ちょっと抜けてる兄上」・・・たしかにそうかもしれませんね。
チェ・パンスルの人は架空ですが、イサンの大妃のお兄様なんかは
けっこうマヌケ気味に描かれてましたよね♪


> このお話の張禧嬪は呪咀など信じないしやらないのでどうなるのだろう、と思って見ておりましたが、そうか、こうなるのか・・・

実際は呪っていたみたいなことが本にも書かれていたりするのですが
このドラマの禧嬪はインテリ設定ですよね・・・
[ 2013/02/02 02:53 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント