*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 73話>

世祖が深酒して文昭殿で号泣したと知った譲寧(ヤンニョン)大君が宮殿に乗り込み、
しっかりせいっ!と甥を叱り、錦城(クムソン)大君と恵嬪ヤン氏の処刑も催促。
お前も功臣ならちゃんと働けよな!とハン・ミョンフェを叱り付けて帰りました。
左副承旨ソン・サンムンは世祖に色々と相談されても相変らずろくに返事もせず、
芸文館大提学シン・スクチュとの長年の友情にも揺らぎが生じています。

昌徳宮を訪ねた王妃(貞熹王后)を喜んで迎える上王・端宗。
景福宮では高貴な夢、昌徳宮では下衆な夢を見ちゃいますエヘ♪と
使用人の言葉を借りて屈託なく笑う上王に王妃は大きな衝撃を受けました。
同情をひこうとしてあえて口にしたのだと世子妃ハン氏が推測したとおり、
上出来です殿下!と大妃(定順王后)父ソン・ヒョンスが上王を褒めています。

シン・スクチュとクォン・ラムが奏聞使(チュムンサ)として明へ行くことに。
お前が都を離れると困る!武官だったサンムンの父の人脈はすごいんだぞ!と
謀反を警戒するミョンフェがラムを止めるも、結局ラムは旅立っていきます。
その後世祖はさまざまな政治改革をおこない、行政組織の基盤をかため、
周囲の反感を減らすために功臣からも租税を徴収すると決定。
集賢殿直提学ヤン・ソンジには『地理誌』の編纂を命じました。

世祖が思政殿(サジョンジョン)に王族や官僚を集めてねぎらったその夜、
ある事件が起こりました。したたかに酔って足元がふらつく世祖に、
しっかりなさいませ・・・と声をかけた兵曹判書がいきなり怒鳴られたのです。
官帽と取らせて鞭打ちを命じる世祖を、その場にいた重臣たちがひれ伏して制止。
すると世祖は、議政府署事制廃止にイ・ゲジョンが反対したことを持ち出し、
刀を振り上げたところを皆に止められると、はっと我に返りました。
日ごろからそなたに目をかけてきたのになぜわかってくれないのだ・・・と
イ・ゲジョンを抱きしめて大号泣。その場にいた全員が固まりまくります。

文宗は世宗大王につきっきりで看病したから王になれたのですよ!と
泥酔した世祖のそばにいかない世子(もと桃源君)を責める世子妃ハン氏。
錦城の夢を見た・・・と目覚めた世祖に、生活を楽にさせましょうと王妃が助言。
王妃がみずから縫った絹の着物を流刑地の恵嬪ヤン氏は受け取らず、
もし宮殿に戻れることがあったらそのときにいただきます・・・と返答します。
そうだ手紙も送ればよかったんだわ・・・とホトケの王妃が失礼を悔やむ一方で、
恵嬪は義母上のことを府夫人と呼んだのね?と世子妃がしっかり尚宮に確認。
錦城大君は下賜されたお酒をしっかり飲み干したのにもかかわらず、
ちゃぶ台ひっくり返しました~とホン・ユンソンに命じられたホン内官が報告します。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 74話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ4話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント