*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ3話>

威勢よく訪ねてきたホン・ユンソンにハン・ミョンフェがエラそうに話しています。
「刀の使いどころを間違えている、そのうちお前はオレに頭を下げるようになる」。
ユンソンは女(ソンビ)を差し出せと迫り、樽2杯の酒を飲み干してもまだ足らず、
おかわり!とせっついてミョンフェ妻ミン氏が(貧乏なので)困っていると、
ミン氏実家の母がやってきて出来の悪い婿について文句を言い始めました。
ユンソンに演説をぶっていたミョンフェは途中で義母に呼び出されて一旦退室。
36歳なら判書になってもおかしくないのに!と怒る義母にひょうひょうと謝り、
そのうちよい知らせを差し上げますと笑い、妻ミン氏もその横で幸せそうなのです。

客をいつまで待たせるんだ!とユンソンがムカついていると、クォン・ラムが登場。
無礼を働いたユンソンを叱りつけ、ミョンフェに頭を下げさせました。
ほーら♪さっき言っただろう?お前が頭を下げるって♪と得意げなミョンフェ。
その日からユンソンはミョンフェの家に住み込むことになりました。
このときハン・ミョンフェは36歳、科挙に興味のない月足らず者。
クォン・ナムは35歳、大提学だった吉昌府院君の孫で、右賛成クォン・ジェの息子。
ホン・ユンソンは26歳、科挙の勉強に漢陽に来ている両班でした。
10年後、彼らは大出世を果たし、朝廷の重要人物になるのです。
そんなハン家にミン氏母がまたやってきて、ソンビを連れて帰っちゃいました。

即位した文宗は、色事に興味がなく真面目で孝行者で、学問好きな王様でした。
ですが病弱で、背中の腫瘍からは一日に何度も膿が出て歩行も困難。
間日視事(一日おきの政治)を兵曹判書ミン・シンが申し入れるほどでした。
文宗の母はすでに逝去し正室もいなかったため内命婦を治める者がおらず
幼い世子(後の端宗)は世宗の側室だった恵嬪によって養育されています。
宮殿の外では、文宗の弟である首陽大君と安平大君の勢力が増していました。
世宗の兄・譲寧大君は、王室には首陽大君のような強さが必要と考えています。

首陽大君に嫁いできた新妻は一晩中読書をし、下僕を正座させて叱りつけ、
いさめる義父にも理屈っぽく言い返すなど、可愛げがまったくないようです。
スポンサード リンク
<「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ4話>  | HOME | <「韓明澮ハンミョンフェ~朝鮮王朝を導いた天才策士~」あらすじ2話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント