*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 7話>

テンポ速いドラマですね~。チャン・ノクス(張緑水)がもう男の子チュンボムを出産。
実家からは父チャン生員(センウォン)と後妻もお祝いにかけつけてきました。
妾の子ノクスを避けているかのような父の態度にノクスがムカついてます。

豊原尉(プンウォンウィ)イム・スンジェは物乞いソンファが忘れられず、
ブルブルと恥ずかしがるようなあんな子を紹介してくれ~と頼んでいます。
妓生は官婢でしたが、実際には有力者は気に入った妓生を官籍からはずし
自宅に住まわせていたとか。世の中が平和だと風俗が乱れるそうです。
斉安(チェアン)大君が連れ帰ったソンファに汚物をぶっかけ、夫に迫る夫人。
いやらしいことが大嫌いなんだ!どこを触ってるんだ?と突き放されてしまい、
欲求不満のあまり侍女ウンドクと・・・・・・なシルエットが映ります。

この時代、夫を亡くした妻はどんなに若くても欲望に身を焦がして独り身のまま。
仁粹(インス)大妃もそうだった・・・と余計なお世話なナレーションが入り、
先王・睿宗(イェジョン)の妃である安順(アンスン)王大妃が登場します。
安順王大妃の心配事はなんといっても息子・斉安大君と夫人との仲なのですが、
「斉安大君は女嫌い」と聞いた仁粹大妃が失礼なほど大笑いしています・・・。
その日の仁粹大妃はご機嫌で、成宗が開いた宴を朝まで楽しみました。
成宗はよく宴を開き、太子(後の燕山君)にとって宴は宮殿の日常的風景でした。

女官部屋では、尚宮と女官がお酒を前にしみじみと語っています。
長い夜の寂しさにもだえて布団をぬらしたこともある・・・とつぶやく尚宮。
先王の時代に寵愛を受けたことがあるとちょい得意げにパク尚宮が話します。

宮女ミヒャンに会いたくありませんか?と太子嬪シン氏が思わぬ質問をしました。
てっきり死んだと思っていた太子は、喜んでミヒャンの部屋に忍んで行きます。
ハッスルしちゃったのか、翌日の講義の時間に居眠りしてチェ師匠を怒らせます。

ここで突然、お乳を出すお胸(トップも)のドアップ画面になります(汗)。
蔵の鍵をノクスに預け、これからはのんびりと孫の世話をしたいわと話す姑。
ノクスは拒み、約束どおり家を出て行きたいと申し出ました。
黙ってたらわからないわ!と姑が引き止めてもノクスの決意は変わりません。
姑は一生暮らせるほどの財産をくれ、幸せになってね・・・と送り出します。
ノクスが涙したのも束の間、さっそくキム先達のところへ行きました。
妖しい笑顔を浮かべていたノクスでしたが、突然キム先達が苦しみだすと、
あんたのおかげで血の涙を流したのよ!と非難。ノクスは毒を盛っていたのです~
スポンサード リンク
<「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 8話>  | HOME | <「王妃 チャン・ノクス -宮廷の陰謀-」あらすじ 6話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント