*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 72話>

イサン第72話「王位の継承」

側室ソン・ソンヨンが生んだ王子ヒャンは賢く育ち、幼いながら筆使いもご立派。
イ・サン(正祖)は親馬鹿一直線。孝懿(ヒョイ)王妃も恵慶宮も可愛がります。
(ああ、この子の吹き替えの声もお顔もあまり好みではありません~!)
ところがある日、「世子」という言葉を聞いた恵慶宮が表情を曇らせました。
身分の低い側室の生んだ王子を、重臣たちがいまだ認めがらない状況だからです。

イ・サンは父・思悼世子(サドセジャ)の墓の水原(スウォン)への移転を強行。
さらに水原に「新都」を築く計画をチョン・ヤギョンたちに命じていました。
そうなると漢陽で利権をもつ両班たちが反発するのでは?とヤギョンは心配し、
利権をなくしたいからこそ都を移したいのだ・・・!とイ・サンが語ります。
王がたびたび水原に行っているのは怪しい!と訝しがる大妃(貞純王后)は、
老論派の会合から宮殿に戻ったところをイ・サンに見咎められてギクッ!!
大妃が言い訳に使った薬局が老論派の拠点に違いないとイ・サンが探らせます。
次に大妃は英祖の遺言を奪おうと壮勇衛(チャンヨンウィ)に手下を仕込ませ、
イ・サンの部屋に侵入させますが遺言は見つからず、イ・サンに怪しまれました。

ヒャンと同い年の翁主(娘)をはしかで亡くした和嬪(ファビン)は失意の日々。
ヒャンが世子に冊封されると知ると和嬪の父と老論派が手を組んで反対します。
宮中の雰囲気を察知したヒャンは「卑しいとはどういう意味ですか?」と聞き、
イ・サンは心ない言葉がソンヨンや幼い王子を傷つけていることを知るのでした。

絵を描いたときに亡き英祖にもらった指輪をソンヨンがヒャンの首にかけてやり、
その指輪を見た恵慶宮は英祖の生母・淑嬪チェ氏の形見であると気づきました。
かけつけてきた恵慶宮からその話を聞いたイ・サンはその後の重臣会議で、
ソンヨンを宜嬪(ウィビン)に昇進させヒャンを世子に冊立すると宣言します。
身分を理由に反対するチェ・ソクチュにイ・サンが指輪を印籠のように見せつけ
「知らぬ者はいないあの指輪を先王が宜嬪に下賜していたのに反対するのか?」。
こうして冊封の儀式が執り行われ、ヒャンは正式に文孝世子に奉じられました。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 73話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 72話>

スポンサード リンク


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/23 11:30 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!

おっしゃるとおり公主ではなく翁主ですよね。マヌケな私のアホミスです。
気づいてくださりありがとうございました。
おかげさまで間違いを長い間そのままにすることなく訂正できました。
お気遣いによりカギつきコメントでコメントくださり本当に感謝しております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
[ 2011/01/23 14:31 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント