*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 50話>

延礽君(ヨニングン) が作った菖蒲の花輪もむなしく王妃(仁顕王后)が逝去。
ソ・ヨンギ(徐龍基)率いる内禁衛はヒジェの部下を尾けて巫女の居場所を確認し
監察府は証拠の短刀がヒジェの特注オーダー品であることを突き止めました。

さて、母親同士の対立をよそに、異母兄弟の世子と延礽君はとっても仲良し。
延礽君は弟ではなく敵なのです!とオクチョン(張禧嬪)が世子を叱っています。
朝廷では、右議政イム・サンヒョンの統率のもとに南人派と西人少論派が結束。
粛宗に新しい王妃の任命を急かし、世子の母であるオクチョンを推していました。
(ちなみに亡くなった仁顕王后やトンイたちは西人老論派に属しています)
禧嬪が王妃になるのを阻止するために世子の病を公表しては!?と言われても、
仲のよい二人の兄弟を思うと心を痛めずにはいられないトンイ(同伊)でした。

「中殿の座は淑儀(トンイ)に任せてください。世子を包んでくれるでしょう」。
王妃から息を引き取る間際に託された願いを、粛宗が思い出していました。
禧嬪を信じられたらどんなにいいだろうか・・・とハン尚膳に打ち明けます。

王妃を呪った人形をオクチョンに返し、世子の病気は明かさないとトンイが断言。
「延礽君には権力でない人生を与えたい」「昔のように禧嬪様を信じたい」と説き
就善堂の調査を続けている監察府に調査を中止するようにと指示を出します。
そのころ粛宗はトンイを「嬪」に昇格させると決めていました(淑嬪の誕生!)。
トンイを王妃にするつもりだと推測した兵曹参判チャン・ムリョル(張武流)は
拘束していた内医女をソ・ヨンギに差し出しちゃいました。見事な風見鶏ですね!
トンイとムリョルは手を組んでいる!トンイの言葉は嘘だ!とヒジェは主張。
トンイの言葉を信じていたオクチョンは昇進が3日前に決まっていたと知ると、
宝慶堂へ行き「お前の申し出を承諾しよう・・・」とトンイに返事をしました。

皆の労をねぎらうために内医院を訪れてくれた世子を、スタッフ一同がお出迎え。
その隙に世子に頼まれた延礽君が薬房に入り、世子用の薬草をくすねました。
世子はついに自分が痿疾(ウィジル=子供ができない病気)であると知ります。
ある日、師匠と勉強中の延礽君が書袋の中に見知らぬ書物を見つけてびっくり。
題名を見た雲鶴(ウナク)キム・グソンもうろたえます。ヒジェの仕業ですね~。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 51話>  | HOME | <「同伊(トンイ)」あらすじ 49話>

スポンサード リンク


 最初エッチ本かと思ってました(笑)
 だから先生がなんて本を!と慌てていたのかと。
 世子しか読むことが許されない帝王学の本だったのですね。
 そういえば女人天下の時も福城君にこっそり帝王学を学ばせていた
敬嬪もこのことが問題視されて罰を受けるエピソードがありましたっけ。
 
 今見ているのは吹き替え版なので字幕派の私としてはどこかの局で
短縮版でもいいので放送してくれないかなと願っております。
 
 
 
[ 2012/04/30 17:02 ] [ 編集 ]
えりこさま、こんにちは!
コメントありがとうございます。

あはは、そっち系の本をご想像されたのですね。
えりこさまったら、好きねえもう・・・(爆)

でもそっち系の本のほうが、朝廷はきっと平穏ですよね。
王子は読む本も選ばなくてはならないので大変~・・・

 
> 今見ているのは吹き替え版なので字幕派の私としてはどこかの局で
> 短縮版でもいいので放送してくれないかなと願っております。
 
Gyaoご覧になられましたか?
ぞくぞくと歴史ドラマを配信してくれていますよね。
歴史ドラマファンにはありがたい存在です。  
[ 2013/02/02 02:49 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント