*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ簡易版 41~50話>

端宗の妃選びが首陽大君の主導で進められ、先王の喪中であるという左議政チョン・インジらの反論や喪服論争も抑えられた。名家は年頃の娘を揀擇に参加させたがらず、候補者探しにユン氏が奔走した末、貧しいが学識のあるソン・ヒョンスの娘を気に入る。宮中の権力を掌握したい恵嬪ヤン氏と錦城大君は対抗馬を揀擇に参加させるが、多くの賛成票を得られず、淑嬪ホン氏も強硬に反対する。こうしてソン・ヒョンスの娘(定順王后)とともに二人の側室が端宗に嫁ぐことになった。自身が推した娘が落選して憤る錦城大君を首陽大君がなだめ、「婚礼後に領議政を辞す」と話す。

懐妊したことを隠し、宮殿で出産したいと姉の桂陽君夫人に話していたハン氏が、ついに桃源君やユン氏に打ち明け、姉の家で療養することを願い出る。ハン氏は、ハン・ミョンフェに側室ヒャンイを、ホン・ユンソンにも侍女キルリョをあてがい、桂陽君の屋敷やハン・ミョンフェの別宅を拠点に義父の配下と密接につながりつつあった。

ハン・ミョンフェを昇進させず、粛清の功臣たちをしばらく冷遇していたかに見えた首陽大君だったが、ある夜訪ねてきたハン・ミョンフェに「農夫が大木で雨宿りをして礼を言い、冬になると大木を薪にして燃やした」という故事を話した後、「(職務である)王の馬の世話を続けろ」と言う。兵曹参判ホン・ダルソンには、兵曹の改革を相談した。ハン・ミョンフェやハン氏は首陽大君が王位について暗示したと解釈する。

王妃は恵嬪ヤン氏と淑嬪ホン氏が宮殿で暮らすのを許し、意欲l的に内命婦を束ねていた。臣下には朝会と經筵を開かせ、端宗には書物を読ませて君主としての成長を促し、首陽大君にも率直に意見をした。首陽大君はそんな王妃を寛容に容認しつつも、その一方では譲寧大君に恵嬪ヤン氏らを追放する根回しを頼んでいた。

ある日、吏曹判書チョン・チャンソンが恵嬪ヤン氏の追放を求めて座り込む。内命婦の問題であるとして首陽大君は取り合わず、王妃も請願を退ける。すると永豊君と結託している錦城大君が首陽大君の辞職を要求。首陽大君は自宅謹慎を決め込んだ。これを端宗の親政へのはずみにしたがる王妃を、父ソン・ヒョンスが危ぶむのだった。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ簡易版 51~60話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ簡易版 31~40話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント