*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ簡易版 31~40話>

左議政キム・ジョンソは二人の大君の謀反の動きを端宗に伝えると、“首陽大君が明日動く”と安平大君に伝えて用心を促す。そして当日、屋敷で開いた弓大会に集った弓上手たちを前に首陽大君が演説。同意した少数の者たちが参謀ハン・ミョンフェの指揮のもと出陣することになった。妻ユン氏は夫に鎧を着せて送り出す。

護衛を大増員して待ち構えていたキム・ジョンソだったが、訪問者が首陽大君と執事イム・ウンだけと知ると、やすやすと招き入れた。するとイム・ウンが隙をついてキム・ジョンソと息子を襲撃。次に首陽大君は寧陽尉邸へ向かい、安平大君らの計画を察知したのでキム・ジョンソを始末したと端宗に報告。対応の全権を委ねてもらうと、重臣たちに登庁を命じて一人ずつ屋敷内に呼び入れながら殺める。その頃安平大君宅は間者チョ・ドゥンニムの放火により混乱に陥っていた。端宗元年(1453年)10月10日の夜に始まった粛清(癸酉靖難)は翌日の朝まで続き、安平大君派は命を落とすか処分された。

譲寧大君は端宗の頼りなさを責め、首陽大君への譲位を公然と口にする。端宗は首陽大君を領議政に任じるとともに、人事権と兵権も委ねた。辞令が発表されると、要職者をはじめハン・ミョンフェら粛清功臣が安平大君の処分を求め始め、首陽大君は同意しないものの譲寧大君が端宗に決断を迫り、安平大君は自決させられた。

処分につぐ処分にうんざりする気配が漂う折、“恵嬪ヤン氏は浄業院へ行くべき”という議論が持ち上がったのを機に、端宗の首陽大君に対する態度が一変。粛清を否定するかのような発言をし、首陽大君が進言した婚礼も拒否する。首陽大君は席藁待罪した後、自宅で謹慎する。そんなとき、キム・ジョンソの忠実な部下イ・ジンオクがみずからを大金皇帝と名乗って咸吉道で反乱を起こす。なす術を知らない端宗から国中の兵を指揮監督する権限を与えられた首陽大君は勇ましく出征し、反乱を平定させた。

端宗は再び首陽大君に心酔し、重臣らは首陽大君の追従者と化す。一方で、最たる功労者であるハン・ミョンフェが司僕寺少尹にとどまっていたため、自分たちが冷遇されているとして功臣たちが憤り、首陽大君の執り行った会盟儀に反発を示す。また左議政チョン・インジが首陽大君の方針を疑問視するようになり、同じ集賢殿出身のシン・スクチュがなだめる。錦城大君や永豊君(恵嬪息子)も首陽大君と対立の姿勢をあらわにしていた。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ簡易版 41~50話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ簡易版 21~30話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント