*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ簡易版 11~20話>

イ・ヒョルロに派手に制裁を与えた首陽大君の処罰が論じられ、右議政キム・ジョンソは慎重な首陽大君の真意をはかろうとする。“世間に存在を誇示しながら朝廷を分裂させるのが狙い”と推測していたハン・ミョンフェは、クォン・ラムの紹介で実際に対面した首陽大君を“鳳凰”と見てとり身を捧げることを誓う。

端宗に謝罪した首陽大君は、“安平大君に警告したかった”と集賢殿シン・スクチュに語る。シン・スクチュが安平大君を追及すると、王座を暗示するような右議政キム・ジョンソからの手紙を見せられた。首陽大君を不問に付した端宗に、キム・ジョンソは恵嬪ヤン氏を通じて反論させるも、端宗は耳を傾けない。それでもキム・ジョンソの独裁が続き、安平大君の謀反が囁かれる折、明への顧命謝恩使に首陽大君が志願する。キム・ジョンソが辞職願を出して反対すると、端宗は家に赴いて辞職を引き止める。するとキム・ジョンソは、首陽大君の提案どおり貴人ホン氏の昇進を提案。キム・ジョンソを援護してきた恵嬪ヤン氏は憤る。

首陽大君はキム・ジョンソを信頼するよう端宗に言い聞かせ、明へ行く準備を開始。兵曹判書ミン・シン、重臣らの息子の随行を望む。ミン・シンはキム・ジョンソの命令にも背いて拒み、それを予想していた首陽大君は吏曹判書イ・サチョルに随行を願う。その他、キム・ジョンソの息子スンギュ、シン・スクチュらとともに首陽大君が北京へ出発。人事異動では首陽大君の希望が通り、チョン・インジが兵曹判書に任命された。

都では、イ・ミョンミンという男が兵を工事に借り出して私腹を肥やし、重臣らはそのおこぼれにあずかっていた。それを問題視したチョン・インジを異動させようと安平大君が企む。キム・ジョンソはイ・ミョンミンを捕らえよと命じるが、ミン・シンは言うことをきかない。

安平大君は別邸・武渓精舎で私兵を育て、領議政ファンボ・インやミン・シンらと親交を深めていた。さらにキム・ジョンソを左議政にして空いた右議政の座に就こうとするがキム・ジョンソに拒絶され、イ・ヒョルロに背中を押されて謀反の覚悟を固める。宮殿中に間者を忍ばせている恵嬪ヤン氏は、安平大君を支援しようと考えていた。

ハン・ミョンフェは首陽大君への失望を周囲に強調する傍らで、クォン・ラム、ホン・ダルソン、ヤン・ジョン、ユ・スらと会合。首陽大君の使用人チョ・ドゥンニムは執事イム・ウンに厳しく罰されて追放されたように装い、安平大君の屋敷で働き始める。首陽大君は都の動向に留意しつつ明での役目を無事に終え、端宗に詩を送る。受け取った端宗は涙を流した。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ簡易版 21~30話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ簡易版 1~10話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント