*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 56話>

宮殿に来た孝寧(ヒョリョン)大君(世宗三男)は端宗と二人きりになると、
重臣たちときちんと話をしてから譲位なさるべきです・・・と切り出しました。
首陽(スヤン)大君を信じていないから譲位をなさるのではないですか?
たしかに人間ですから首陽大君にも王位への欲が少しはあったかもしれませんが
ではなぜ殿下の結婚をすすめたのでしょう?功臣も冷遇していますよ?と説得。
首陽大君への疑いを植え付けられていたことを端宗が認め大君宅へ向かいました。
譲位をやめれば家にまで行かなくてもいいのにと王妃(定順王后)がつぶやきます。

首陽大君は端宗を出迎えずに部屋で待つという無礼をわざと働くと、
私は殿下と接するのが苦痛になってきました・・・と端宗に語り始めました。
臣下でいるだけなら簡単だが私は殿下を実の子のように思ってきたと話す叔父に、
父上より叔父上が好きでした!叔父上がいれば雷も怖くなかった!とワンワン泣く王。
王でいるのが嫌なのです~と涙を流しながら首陽大君に抱きつくのでした。

端宗がそのまま首陽大君宅へ泊まることになったと知り不服そうな王妃に、
首陽大君に疎まれてはなりません・・・と淑嬪ホン氏(文宗側室)が言い含めます。
まだ奏聞使(チュムンサ)が送られておらず、王妃は明に認められていないからです。

叔父と甥の仲直りを機に、首陽大君一家が宮殿に招かれ、王室どうしで仲良く団欒。
端宗と王妃がまだ男女の仲ではないことを淑嬪ホン氏が確認すると(Good Job!)、
王妃を明に早く承認してもらえませんか?と大君夫人ユン氏に頼みました。
首陽大君は、王妃が政治に関与してはならないと端宗にきつく言い聞かせます。

恵嬪ヤン氏が血を吐きましたね。スパイ女官がいち早くハン氏にサイドに報告です。
端宗が首陽大君に譲位したがったという噂を都に広め始めるハン氏。
そんなある日、王位をお望みですか?とクォン・ラムが首陽大君にズバリ聞きます。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 57話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 55話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント