*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ40話のその後に>

先ほど全40話分のあらすじをアップし終わりました。
政治のことも出てくるのですが複雑な内容はなく、軽く視聴できるドラマでした。

「なんかゆっくりペースだなあ~」と思いながら視聴していて
最後のほうになってやっと気づくのですが、
このドラマ、グギョンが妹を正祖の側室にしたりといった部分は一切ナシ。
正祖の即位に貢献しまくったところでドラマが終了します。
言い換えれば、ライバルのフギョムが死罪になるところまで。
つまり、天狗になって追放される時代は描かれていません。
それが「王道(ワンド)」と大きく異なる点でしょうか。

かわりにと言ってはナンですが、
フギョムがファワン翁主の養子になる前の時代が見られます。
どこまでが史実なのかはわかりませんが、
仁川の魚の行商の息子だったのは事実だったはずなので、
そういう意味では翁主の11親等といったエピソードも史実かな?と感じます。

途中からフギョムの実父母がまったく出てこなくなりましたが
どうでもいいので誰も気にしないのでしょうね~。
貧乏時代と科挙受験前にちらりと登場した兄も含め、
フギョム死罪後に家族がどうなったかはちょっとだけ知りたい気もします。
スポンサード リンク
<「洪國榮 -ホン・グギョン-」な雑談 まとめ>  | HOME | <「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ 40話(最終回)>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント