*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ 40話(最終回)>

チョン・フギョムが死んじゃう最終回です!!

連行される内侍キムの次に現れたホン・グギョンに向かってチョン・フギョムは、
謀反の証拠としてそれ以上のものはないから大事に保管しろよ!と高笑い。
その瞬間、英祖の崩御をしらせるラッパの音が鳴り響きました。
5日間寝込んだファワン翁主は軍器寺で首を斬られる悪夢にうなされて目覚めた後、
内侍キムが正気を失いみずから井戸に飛び込んで死んだと聞いてウキーーーッ。
そのようすを見たフギョムの正室イ氏は大笑い。侍女もコプタンに逆襲を始めます。

英祖の国葬を終えたら承政院(スンジョンウォン)の同副承旨(トンブスンジ)と
近衛大将の座を兼任させると新王である正祖(もと世孫)に約束されたグギョンは、
党争と外戚を排除するという憎まれ役を引き受けることになりました。
グギョン大昇進のしらせに、妻も母も妹も大喜びで家族団らん。
その席をそっと抜け出したグギョンは、ウンジュ父の名誉回復の件を話し合います。

昔愛したヨオクのために本心ではフギョムを助けたがっているグギョンですが、
フギョム一派(含ヨオク)は国葬のときに新王を暗殺する計画を立てていました。
国葬までの公務ができない「公除」期間はわが身は無事・・・と思っているフギョム。
ですが正祖は国の安全のために公除を無視すると決め、フギョムらを流刑に処します。
グギョンは流刑地のフギョムをわざわざ訪ねると、こう切り出しました。
おとなしく過ごすなら命は助けたいが残党が騒ぎを起こしたら許さない・・・と。
お前も俺の夢を知っているだろう?とフギョムが笑い飛ばして物別れに終わります。
グギョンとウンジュは流刑地からの帰り際にフギョムを訪ねるヨオクの姿を目撃。
ヨオクはフギョムの世話役にコプタン夫妻(結婚していたんですね~)を配置し、
都に戻ると最後の謀反の機会を成功させるべく私兵養成を見守ります。

兄ホン・ボンハンから恵慶宮を通じて正祖に救命を頼んだインハンも流刑に。
不利な状況にもめげず、フギョムの手下が意を決して正祖襲撃を決行しました。
正祖が追い詰められたそのとき、もちろんウンジュが登場して王を守ります。
トクテもブルカルも命を落とし、風水師ムンも自決。ヨオクは首を吊りました。
この後、ホン・インハンとチョン・フギョムに賜薬が下されます。
賜薬の器がわりとモダンで裏のプリントマーク(例:narumi)が見えてます(汗)

ウンジュは亡き父の名誉回復を保留したまま旅に出ることにしました。
「引き際を知るすばらしい人物だったと後世に語られる政治家になってください」。
都承旨と吏曹参議に大出世したグギョンに挨拶して、ウンジュが去って行くのでした。


―― 完 ――

※気づきや雑談はこちらのカテゴリでアップしていきたいと思います。
スポンサード リンク
<「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ40話のその後に>  | HOME | <「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ 39話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント