*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 68話>

イサン第68話「別れ そして再起」

私は王だと話すイ・サン(正祖)に、じゃあオレは領議政♪とチョン・ヤギョン。
易学や化学に造詣の深い彼に感心したイ・サンは宮殿に戻ると身元調べを命じ、
「彼の澄んだ目は世孫時代に初めて会ったホン・グギョンを思い出した」だの
「きっとグギョンならこうするああする・・・」と何かにつけて恋しがります。
流刑地のグギョンも、病に侵されながらもイ・サンのことばかり考える毎日。
遠距離恋愛中の恋人のように、文通でせつせつと思いを語り合う二人でした♪

気持ちを抑えられないイ・サンが「ホン・グギョンを呼べ」とパク・テスに指示。
テスが呼びに行くと、グギョン担当の役人が、彼から預かった包みを渡します。
そしてテスは倒れて意識不明のグギョンを発見し、都へと急報を届けました。
宮殿を飛び出たイ・サンは海辺の小屋に着くと、必死にグギョンに呼びかけます。
互いに感謝の言葉を交し合うも、かつての権力者グギョンは息を引き取りました。
イ・サンは葬儀の取り計らいを命じ、宿衛所の武官全員がグギョンを見送ります。

孝懿(ヒョイ)王妃が側室ソン・ソンヨンを親蚕礼(チンジャムネ)にお誘い。
あの女が重臣夫人の質問に答えられるものか!と見下す恵慶宮(イ・サン母)に、
私が代わりに答えます・・・と申し出て褒められた和嬪(ファビン)でしたが、
結局は答えに詰まってしまい、かわりにソンヨンが模範的回答をしちゃいました。
彼女は教養も礼儀もあるようです・・・と和嬪が恵慶宮にソンヨンを評価します。

あの儒生の名がチョン・ヤギョンで、優秀なのに科挙に落ち続けていると判明。
町へ探りに行ったイ・サンは、民に無料法律相談サービスする彼を目撃します。
民が手にした書類を読んでみると、あの見事な名無しの答案の筆跡と同じでした。
次の試験でイ・サンは、型破りすぎて落とされていた彼の回答を合格にします。
どうせ不合格だとあきらめているヤギョンを、結果を見に行けとテスが促し、
半信半疑で発表会場に行ったヤギョンは壮元及第(首席合格)していてびっくり!
なぜ領議政が科挙を受けた?と声をかけられ、小屋で会った男の正体を知ります。
スポンサード リンク
<「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ 13話>  | HOME | <「同伊(トンイ)」あらすじ 40話>

スポンサード リンク


前回もなのですが・・・和嬪の表情からソンヨンに何か!感じてるか持ってはいるが、心から嫉妬したりと言う点が見えず、ソンヨンの良さを素直に認めたり、真摯に教えてあげたりする点が潔いと思います。実際は和嬪の女官だったのがソン氏ですね。元嬪は嫉妬、ビンタ、嫌がらせ、これは王妃にもだったし、アカラサマで心からだったからとても元嬪はキライだったなぁ。史実にも残ってますが純祖生母綏嬪朴氏とはとても仲が良かったそうなんです、和嬪は自分の娘を2歳前後で亡くしてるので綏嬪朴氏の娘である淑善翁主を我が子のように可愛がっていたそうなんです。王妃様ともこの2人の側室はとても仲が良かったそうです。
[ 2010/12/07 17:35 ] [ 編集 ]
爽子さま、こんにちは!コメントありがとうございます。

そうなんですよね!
和嬪はてっきり意地悪役かと思っていたらそうではなく
ちょっと意外なキャラ設定だなと驚いていました。


> 綏嬪朴氏とはとても仲が良かったそうなんです、

そうなのですね!教えてくださってありがとうございます。
やっぱり自分に何かあったときのためにも
ほかの後宮と仲良くしておくことは大切なのだなとしみじみ感じます。
(この心構えが役に立つことはそうそうなさそうすが:爆)
[ 2011/05/25 22:45 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント