*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 66話>

イサン第66話「絶望の涙」

ホン・グギョンは直前になって孝懿(ヒョイ)王妃の毒殺をとりやめましたが、
食事を気味(毒見)したのが正体不明の尚宮(元嬪付きチェ尚宮)だったと判明。
宴の会場が封鎖されて大捜索が始まり、すべての尚宮の面通しも実施されます。
王妃が座るはずだった席に急にイ・サン(正祖)が座ったと知ったパク・テスは、
近ごろ王妃様と仲の悪いグギョン様が王妃様を狙ったのかも!?と思い当たり、
チェ尚宮を逃がそうとしていたカン武官を捕獲。チェ尚宮は自害しました。
グギョンのはずがない!誰が濡れ衣を着せた?と信じようとしないイ・サンに、
大妃(貞純王后)との内通を王妃に知られたとグギョンが話して泣いて詫びます。

こうしてグギョンは王妃を狙った大逆罪で政敵チャン・テウに裁かれました。
ボロボロの体でぶちこまれたグギョンの脳裏に、亡きチョン・フギョムが再登場。
「これが権力を欲した者の行き着く先だ」というかつての政敵の声が蘇ります。
そんな状況なのにグギョンは軍の改革案を気にかけてテスに頼むほど仕事熱心。
信頼してきた側近に裏切られてハートブレイク状態のイ・サンがやってきて、
何か言うことはないのか?と必死に聞いても謝り続るだけで言い訳はしません。
これまでもこれからもグギョンと共に改革を進めるものと思っていたイ・サンは、
そなたは臣下ではなく心を分かち合える同志だったのに・・・と涙を浮かべます。

処分決定を控えたイ・サンが、同志として、そして君主として、悩んでいました。
功績あるグギョンの命だけは救いたくても、王として許してはならないからです。
そんな王のもとへ、叔父パク・タルホからあることを聞いたパク・テスがダッシュ!
宴の日、殺害を思いとどまったグギョンからの伝言をタルホが預かったからです。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 67話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 48話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント