*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 48話>

「いま朝廷には功臣・古参の官僚・集賢殿・内官や後宮の4つの勢力があります。
チョン・チャンソンら勲旧(フング)勢力をうまく利用しなくては・・・」。
的確に状勢を分析するハン氏(首陽大君息子の嫁)にハン・ミョンフェが感服します。

恵嬪ヤン氏(世宗側室)が首陽大君夫人ユン氏の“姑ヅラ”にムカつき中。
そのユン氏は端宗と王妃(定順王后)がまだ交わっていない(!)ことに気づき、
寝屋のことについて教えてあげてくださいと淑嬪ホン氏(文宗側室)に頼みます。
さらにユン氏は「王妃の懐妊を祈ってお子を授かれば仏堂を建てられるかも?」と
仏教興隆をエサにキム・スオン(信眉大師の弟)に懐妊祈願をさせました。
そして宮殿からの帰り道、ユン氏は嫁が滞在する桂陽(ケヤン)君の家へ。
ハン氏はつわりが重いふりをして寝込み、姉・桂陽君夫人は御医の診察を頼みます。
ユン氏は嫁ハン氏の手を取ると「邪悪な考えは子のために慎みなさい」と切り出し、
うるさい音や醜いモノはだめよと妊娠中の禁忌事項を細かく言い聞かせるのでした。

端宗の世継ぎを望むユン氏の言葉に、一瞬フクザツそうな表情を浮かべる首陽大君。
嫁のハン氏が宮殿に入って出産したいと言ったことや(←誰がバラした?)、
ハン・ミョンフェやホン・ユンソンに側女をあてがったことなどを妻から聞くと、
嫁のことを怒らずに豪快に笑い「嫁のことはそなたに任せる」と話しました。
そんな強欲嫁の夫である桃源君(トウォングン)は体調が悪いようですね。

朝廷では、功臣録から名前を削除してほしいとソン・サンムンが願い出ていました。
功臣録に大君の家僕や内官が載ったのが不満では?とチョン・チャンソンが推測。
首陽大君は、六曹と司憲府を若手に任せるという人事案を作成すると、
兵士の生活安定をはかるために軍事体系も改革したいとホン・ダルソンを呼びます。
固い表情だったダルソンは、殿下と私の命を預けるのだと言われると笑みをこぼし、
首陽大君とプチ不仲だった功臣たちの間に再び明るい笑い声が戻ってきました。

王妃の影響でヤル気になった端宗を首陽大君がどう思っているのかわかりませんが、
府院君ソン・ヒョンス(王妃父)に頻繁に宮殿に来ることを誘っています。
殿下に君主の自覚が出れば近いうちに嵐が吹くでしょう・・・と父に話す王妃。
そんな折、首陽大君の点数稼ぎをしたいチョン・チャンソンが恵嬪の追放を企み、
その動きを察したオム・ジャチ内官がさっそく恵嬪にご注進しつつ、こう言います。
「首陽を殺せという密命を受ければいいのです、前王の遺言を思い出してください」。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 66話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 47話>

スポンサード リンク


こんにちは(^O^)

そういえば、文宗って側室がいなかったと聞いたことがあるのに、このドラマでは大活躍ですね。気になるので詳しく調べてみたいです。

私は視聴開始が80話あたりだったので、あとから序盤のストーリーを見ましたが、さすがハン氏さいしょから欲深い(爆)権力志向バリバリですね~
[ 2010/11/27 08:06 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ♪♪

文宗ってあまりオンナッ気ないんでしょうかね。病弱でしたし。
世子時代はいろいろやらかしてくれたのに(笑)
でも何かで読んだ?のですが
端宗の母も最初は側室だったのでしたっけ?
寵愛していたのはホン氏のほうだったけど
息子を産んだから王妃にしたような気がします。
でも記憶あいまいです。違っていたらすみません。
[ 2011/05/25 22:41 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント