*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 47話>

今の職に不満などありません・・・とハン・ミョンフェが話し始めました。
「だって近い将来首陽(スヤン)大君は司僕寺(サボクシ)の馬に乗られるでしょう?
大慈庵(テジャアム)での言葉は天下を取りたいという意味ではなかったのですか?
殿下がしっかりしたら、そのつもりはなくても首陽大君は攻撃されますよ・・・?」

冷たくした詫びに酒でもと思って呼んだのに説教されるとは・・・と首陽大君は笑い、
「農夫が大木で雨宿りをして礼を言い、冬になると大木を薪にして燃やした」という
亡き父(世宗)に教えてもらった故事を引き合いに出してからこう話しました。
君主は肉親をも殺してきた、私はその器ではない、毎晩悪夢を見る、
そなたは王の馬の世話を続けろ、運命だと思え、多くの血が流れたではないか・・・。

その言葉通りには受け取らず、ルンルン気分で大君宅を後にするハン・ミョンフェ。
ハン・ミョンフェの足取りは軽かっただろう・・・と首陽大君もつぶやいています。
再び大業を試みよという意味だと首陽大君の言葉を解釈するハン・ミョンフェに、
殿下がみずから退くのを望んでいるのでしょうとハン氏(首陽家嫁)が話します。

永豊君が錦城大君やキム・ジョンソ派を誘い、首陽大君を討つ計画を進行中。
その首陽大君はといえば、伯父の譲寧(ヤンニョン)大君の屋敷を訪ねると、
“狡猾な側室”を追い出すために宗親府をまとめてくださいとお願いしました。

さて宮殿には、新しい王妃(定順王后)の両親が初訪問しています。
父ソン・ヒョンスは官職を固辞し、いまだ“倉庫番”の仕事を続けていました。
夫人が御医の診察を受ける間、端宗の親政を急ぐ王妃に父親が言い聞かせます。
王妃に選んでくれた首陽大君とはくれぐれも敵対しないように・・・と。

朝会と經筵(=君主の大切な日課)を開けと王妃が都承旨にテキパキ指示。
“学問が未熟な”端宗に勉強させ、傍で見張る教育ママゴンぶりを発揮します。
端宗が居眠りをすると「君主が怠けるとあのように民が苦しむのです・・・」と、
若い内官にチョン・ギュン内官をビシバシと叩かせる遠まわしスパルタ方式!
王妃こわっ!とは端宗は思わず、ボクがんばる!とヤル気になっているようです~
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 48話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 46話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント