*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 35話>

剣契(コムゲ)の首長の娘だと指摘され、震えが止まらないトンイ(同伊)。
自分から粛宗に打ち明ける覚悟を決めると、ソ・ヨンギ(徐龍基)が止めます。
「真実を話せばそなたは楽になるだろうが、殿下の信頼はどうなる・・・?」 。

チャ・チョンス(車天寿)はソリ(雪姫)と一緒にある尼寺へ向かっていました。
そこには昔ソリが成川(ソンチョン)で仕えた行首(ヘンス)が暮らしており、
12年前の手紙(おそらくトンイの戸籍書類)をソリが行首に預けていたからです。
国法に従って裁く・・・と冷たく話すソ・ヨンギに、チョンスが涙で訴えました。
「首長はあなたを守るために罪をかぶった!嘘の証拠で疑ったのはあなただ!」。

司憲府(サホンブ)持平(チピョン)に昇進したシム・ウンテク(沈雲澤)が
ファン主簿とヨンダル(英達)に掌楽院の昔の記録を調べさせています。
チョンという名の楽師が見当たらず、死者を探すと、チェという名前を発見。
全てを理解したウンテクは、今トンイが大殿にいるとソ・ヨンギに教えました。
大殿でトンイが剣契のことを打ち明けているところへ、割って入るソ・ヨンギ。
「トンイは父と兄が剣契の協力で逃げた過去を気にしているのです」と話し、
ニセ戸籍を(ニセと知りながら)粛宗に見せて重い罪を上手にごまかします。
その後でトンイに「粛宗のために隠し通して信頼に応えろ」と話すのでした。

朝鮮の軍事事情を探る清の使臣団が、江華山城(カンファサンソン)を無断偵察。
抗議する粛宗に、国境地帯7箇所に石を積むつもり?と指摘し険悪ムードです。

トンイの書類に何も問題がなかったという報告を受けたオクチョン(王妃)が、
じゃあソ・ヨンギが剣契のことを調べていたのはなぜ?と不思議がっていると、
チン大人に「謄録類抄」を明日までに要求された!と血相を変えたヒジェが来訪。
トンイが原本を持っていて使う時期を狙っているのだと判断したオクチョンは
行動を開始すべく戦始(チョンシ)表をヒジェに渡し、南人派が結束を誓います。
まず「軍事の件で清と気まずいので宴会しましょ♪」とヒジェが粛宗に提案。
宴会にはトンイも呼ばれ、監察府ユ尚宮はチョン尚宮とジョンイムに儀典を任せ、
警護には内禁衛(ソ・ヨンギやチャ・チョンスたち)があたることになります。
その頃シム・ウンテクは町を歩いている途中に何者かに連れ去られていました。
「宴会場にみんなが集合するなんておかしいわ!シム様の居場所を調べて!」。
トンイたちが急いで部屋に戻ろうとしていると、オクチョンがやってきました。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 36話>  | HOME | <「同伊(トンイ)」あらすじ 34話>

スポンサード リンク


>ソ・ヨンギが割って入り厳しい口調でトンイを追い出しました。
最初はトンイの父が自分の父を殺したと思ってたヨンギにとっては
やっぱりチョン・ドンイはチェ・ドンイだと知って
かなりショックだったんでしょうね。
それだけ純粋な娘だと思って協力してたわけであって…。
そしてチョンスに言われ、友達であり師匠であるトンイの父を信じる…。
信頼関係がやっぱり深かったんですね~…(T^T)

でもそれだけでなく、ヨンギの義理深さが現れてます。
こんな人、私大好きですぅ(*_*)
身分が高くても
身分なんか関係なく、人間の中身を見る所がなんだか好き♪
素敵なおじさまですわん(*^_^*)

…すんませんm(__)m
好きなキャラ語りになってしまいました…(・・;)
[ 2010/11/21 07:43 ] [ 編集 ]
かよさま、こんにちは!コメントありがとうございます。


> 好きなキャラ語りになってしまいました…(・・;)

いえいえ、わたしも無口系キャラのソ・ヨンギがタイプです。
同じ無口系でもなぜかチョンスには惹かれません・・・。
それにしてもソ・ヨンギの方、本当にいい役ゲットしたよね~と思います。
映画での燕山君役も見ましたがトンイだとカッチョイイですよね。
でも従事官のときはステキだけど私服のときはあんまり・・・(ぶつぶつ)
[ 2011/05/25 22:36 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント