*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 33話>

原因解明のため3日間の猶予をトンイ(同伊)に与えたオクチョン(王妃)は、
次にチョ尚宮を呼び「この件に母が絡んでいるのを私が知らないとでも?」。
バレないから大丈夫と話す母には、トンイはそんなに甘くない・・・と話します。

義禁府オ・ユン(呉潤)はトンイの過去がまったく辿れないのを不思議に思い、
掌楽院のアホ親子を使ってヨンダルとファン主簿を妓生房で接待漬けにさせます。

監察府チョン尚宮やジョンイムの協力を得て、さっそくトンイが謎解き開始~。
粛宗はトンイを心配しつつも「王妃が絡んでないかい?」と疑いを漏らしました。
そうこうするうちに炊事係の下女が疫病になり、エジョンまでもが倒れます。
ある日、料理をつくる水刺間の宮女は何も塗ってはいけないとトンイが知り、
「水刺間では発病していない!宮女しかうつらないなら化粧品が原因だわ!」。
ってことで、発症した宮女が共通の白粉(おしろい)を使っていたことが判明。
しかもその白粉は、トンイが入宮した時期から流入していることもわかりました。

補艶署(ポヨムソ)が聞き込みされたと知ったオクチョンは真相がバレたと察知。
でもすでに約束の3日が過ぎているので、ますは監察府がトンイを捕らえました。
ポン尚宮・チョン尚宮・ノッポとマヌケ(ヨンダルとファン主簿)は捜査を続行。
白粉の行商とオクチョン母のつながりを掴むも、行商の家はもぬけの殻でした。

オクチョンがトンイを捕らえようとしたことを知った粛宗から事情を尋ねられ、
捜査過程やオクチョン母が関与している可能性をためらいながら話すチョン尚宮。
スパイを通じてその会話を知ったオクチョンは監察府ユ尚宮にトンイを解放させ、
白粉を持ち込んだ宮女たちを痛めつけているのをわざと粛宗に目撃させました。
「トンイを拷問すると思っていたのですか?内命婦の道理を教えただけです」。
トンイを拘束した理由をこう説明しつつ、白粉に鉛が入っていたと粛宗に報告。
義禁府と中宮殿、そして行商と知り合いだった母親の手柄にしてしまいました。

残念だったけどシム・ウンテク(沈雲澤)が来れば悪事をバラせると話すトンイ。
内禁衛将ソ・ヨンギ(徐龍基)とチャ・チョンス(車天寿)の表情は晴れません。
清の使臣団が世子誥命(コミョン)のしらせのため都へ向かってきているらしく、
功労を認められたチャン・ヒジェが粛宗からじきじきに礼を言われていたのです。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 34話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 44話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント