*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 41話>

前話で8歳から16歳の娘(イ氏を除く)を対象にした禁婚令が出されたのに続き、
端宗元年(1453年)11月15日には端宗の妃選びの第一次選考が行われました。
嘉礼庁の設置に端宗が反対したため、主導したのは首陽(スヤン)大君でした。
(殿下が結婚したら官職を退いて在野に下るつもりです・・・と野心を否定)
今回の揀擇(カンテク)には、孝寧(ヒョリョン)大君(太宗二男)が初登場です。
出家して僧侶になった孝寧大君ですが、還俗して家に戻っていた時期だったそう。
譲寧(ヤンニョン)大君とちがって温和で口数が少ない(爆)と説明が流れます。

祖先の名前を記した小さな名札を首に下げた娘たちが、いよいよ宮殿に入ります。
このとき釜の蓋の取っ手を踏むのは、新婦が婚家の敷居をまたぐのと同じ風習とか。
揀擇に参加すると女官になったとみなされるので、落選したら結婚は一生NG。
そのため多くの名家は娘を急いで婚約させ、身上書の提出を拒んだそうです。
さらに「今度の王妃は若くして寡婦になる」という噂もあり、イイ娘はいません。

粛清の子分たちを冷遇する首陽大君は、家に来たハン・ミョンフェを無視。
逆臣の財産を着服し無実の民の財産を奪ったホン・ユンソンには激怒しました。
ハン・ミョンフェがヤツらを操っている!と思っているのでカンカンなのです。

庭で泣く嫁ハン氏を見た首陽大君が、息子の桃源君(トウォングン)を呼びます。
夫婦仲について尋ねると「妻は欲が強すぎます」と桃源君。不仲っぽいですね~。
さてハン氏は、姉が嫁いだ桂陽(ケヤン)君の家でハン・ミョンフェと会います。
変わらぬ共同戦線を確認すると、ヒャンイを呼んでお酒の相手をさせました。
“遊ぶ金もないので女の色香に弱い”ハン・ミョンフェが、ぽかーんと見惚れます。

大殿のパク尚宮と首陽大君夫人ユン氏がタッグを組んで、端宗のお妃探しに奔走中。
キム・サウの娘にもクォン・ワンの娘にも満足できなかったユン氏は、
「とりわけすぐれているが家柄がよくないのです」とパク尚宮が言葉をにごした
豊儲倉(プンジョチャン)副使(プサ)ソン・ヒョンスの娘にも会いに行きます。
位が低く行動も垢抜けないソンですが、娘は美しく気品があり、ユン氏ご満悦~。
その頃・・・「王妃選びまで首陽大君の思うままにされてはたまらない!」と
恵嬪ヤン氏(世宗側室)&息子・永豊君&錦城(クムソン)大君が結託を始めます。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 42話>  | HOME | <「洪國榮 -ホン・グギョン-」あらすじ 4話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント