*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 31話>

側室だけに許される小礼服で入宮したトンイ(同伊)をうやうやしく迎える皆の衆。
事態を飲み込めていないトンイは、「尚宮様」と呼ばれて戸惑いまくりです。
粛宗のほうはといえば「安全のために側室にしたけどどうしよう?」とオロオロ。
心に秘めた言葉をそのまま打ち明けるのです・・・とハン尚膳に助言されたので、
お前を側室にしたのだ!余は本気だ!とテレながらトンイに告白しました。
いつか夜市で買っておいたという指輪をプレゼントして引き返したので、
もう帰るんですか?夜までいないんですか?とハン尚膳が驚いてます。

承恩(スンウン)尚宮の意味がわからないわけないよな?と朝廷ではスゴむ粛宗。
チョン・トンイは罪人です!宮女の資格がありません!と南人派が反対しても、
余が寵愛して宮女の資格を与えた!これは王室の問題!と突っぱねました。
オ・ユン(呉潤)は監察府最高尚宮ユ尚宮にトンイの過去を調べろと命じます。
これから多くの困難が待ち受けるだろうがお前には側室になる資格がある、
賎人でも心まで卑しくないとお前は証明したのだから・・・と励ますチョン尚宮。
廃妃ミン氏は西人派にトンイの後ろ盾を頼み、もちろんトンイを応援します。

トンイに対する気持ちをチャ・チョンス(車天寿)に確認された粛宗は、
兄として聞いているのかそれとも男として聞いているのか?と聞き返しつつ、
トンイの気持ちがまだわからなくて僕ちゃん不安~・・・と王らしくないお答え。
トンイにとって自分は兄だから兄として聞きますとチャ・チョンスは答え、
もしトンイが自分の罪ではない過ちを気にしたらどうしますか?と再び聞きます。
チョンスの想像どおり、罪人として死んだ父と兄のことを気にしているトンイを、
殿下を知らなかった頃のように戻れるのか?とチョンスが背中を押すのでした。

「トンイを引き摺り下ろそうとする重臣は私が抑えるので兄を解放してください」。
兄チャン・ヒジェを助けたいオクチョン(王妃)が粛宗に取り引きを申し出ました。
別の罪もあるから大丈夫と内禁衛将ソ・ヨンギ(徐龍基)が粛宗を安心させます。

父と兄の命日の日・・・、トンイが小礼服を脱いで宮殿から姿を消しました。
涙ぐむ粛宗に居場所を教えたチョンスが剣契(コムゲ)のハチマキを燃やします。
下女ルックになったトンイは、かんたん法要セットを持ってあの絶壁にいました。
お前を苦しめるものは何だ?そばにいてくれ・・・と絶壁の上に現れて頼む粛宗。
できるならそうしたいのです・・・とトンイが答え、二人はひしと抱き合います。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 32話>  | HOME | <「同伊(トンイ)」あらすじ 30話>

スポンサード リンク


今回粛宗がトンイにプレゼントした指輪が
「イサン」に出てくる英祖の形見の翡翠の指輪のようです。
粛宗→トンイ→英祖(息子)→ソンヨン(孫の側室)に渡ったという設定。
記事本文に書いていないので追記しておきます。
[ 2012/01/21 07:58 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント