*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 26話>

左議政キム・ジョンソの提案に従って端宗が身を寄せることになったのは、
姉の恭恵(コンヘ)公主と参判チョン・チュンギョン息子(=寧陽尉)夫妻の家。
後見役を奪われた恵嬪ヤン氏(世宗側室)は大憤慨ですが引越しは決行され、
屋敷への出入りや端宗との謁見は左議政が厳しく管理することになりました。

「王の長子が栄えるよう白岳山(ペガクサン)の裏に宮殿を建てたいので
昌徳宮(チャンドックン)を補修して大殿を移そうかと思うのです」と
相談のような事後報告を左議政キム・ジョンソから受ける首陽(スヤン)大君。
目が届く寧陽尉宅に端宗を住ませて守り政治からも離したいらしい左議政は、
殿下にもしものことがあったときに後を継ぐのは誰でしょう?と問います。
殿下に何かあったらワタシは殺されますなあ♪と首陽大君は一瞬笑った後、
左議政は先王の顧命を受けたのか?私は殿下の叔父!私心はない!と迫力の怒声。
大君はその存在だけで皆を惹きつけています・・・と答えて去る左議政でした。

抗議なら学者らしく上書で!政治に首を突っ込むな!とチョン・インジが叱るも、
理由のよくわからない突然の宮殿移転に反発した集賢殿の学士らは座り込みを開始。
なんで移転したの?と領議政ファンボ・インも左議政キム・ジョンソに聞いてます。
政局混乱とキム・ジョンソの立場の悪化を喜ぶハン・ミョンフェとクォン・ラム。
そんな二人の側近を首陽大君が叱り、叱られちゃったハン・ミョンフェは、
「盗賊には二種類ある、ただ盗む者と深く考えて盗む者だ・・・」とつぶやきます。
その「考えて盗む」ほうの首陽大君の悩みは、左議政を消す名分がないこと。
独裁しているキム・ジョンソも、逆から見れば忠臣。忠臣は殺せないからです。

都を出たイ・ヒョルロが「左議政が決心されました!」と安平大君に報告。
安平大君がコトを起こしたら後に続いてくれるでしょう!と言いながら、
吉日として選んだ決行日「十月戊戍(ぼじゅつ=15日)」を書いた紙を渡しました。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 27話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 25話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント