*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<王と私 相関図 その2>

今回は成宗の妃たちとその後の系譜について触れたいと思います。
人物相関図は以下になりますが、鋭い方はお気づきのとおり、
「女人天下」の相関図とほぼかわりません。
燕山君が廃位され中宗に政権が移ったところから始まるのが「女人天下」です。


恭恵王后韓(ハン)氏
ハン・ミョンフェは自分の長女を睿宗に嫁がせ
その甥にあたる成宗にも次女を嫁がせていました。花の外戚政治♪ですね。
けれどもこの恭恵(コンヘ)王后、子供を生まないまま18歳で亡くなりました。
(『朝鮮王朝実録』には16歳・18歳の2種類の記述あり)

斉献王后尹(ユン)氏
この方が有名な廃妃ユン氏です。
側室時代は淑議として成宗の寵愛を受け、恭恵王后逝去にともない王妃に昇進。
その2年後に息子(後の燕山君)を産みます。
嫉妬深い性格だったそうで、砒素事件→王の顔にキズ事件で顰蹙を買い、廃妃に。
ところが、“次王の母が私家暮らしは問題”という擁護派の意見が多くなります。
宮殿内に廃妃の別宮を設けるということにインス大妃と貞顕王后が強く反対。
そんな折、世子の母であるユン氏に多少の同情を覚えていた成宗が
廃妃の暮らしぶりを偵察に行かせたところ、
反省なんかしてませんよ!と大妃に買収された使いの者がデタラメの報告をしました。
これにより廃妃ユン氏の死罪が決まったそうです。
なお、大妃と後宮(オム&チョンら)がつるんでユン氏を追い詰めたことは
『朝鮮王朝実録』にも記載されているので歴史的な事実となっているようです。

貞顕王后尹(ユン)氏
坡平ユン氏出身。先の王妃であるユン氏の廃妃にともない王妃に冊封。
燕山君はこの斉献王后を実の母と思って育ちますがそれほどなつかず、
またインス大妃から度を越すほど辛くあたられていたとか。
成宗は燕山君の性格に多少の不安を感じつつも、
そのころはまだ貞顕王后が晋城大君(後の中宗)を産んでおらず
ほかに王子がいなかったため燕山君を世子に冊封したそうです。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 11話>  | HOME | <王と私 相関図 その1>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント