*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 17話>

胃がもたれるという端宗の背中を無理矢理さすりまくる恵嬪ヤン氏(世宗側室)。
そこへ入室した淑嬪ホン氏(文宗側室)はライバル心むき出しで
文宗からもらった高価な薬・清心元(チョンシンモン)で歓心を買おうとします。
ムカつく淑嬪に、首陽(スヤン)大君側につけとすすめるオム・ジャチ内官。
皆は大君を沈みゆく太陽だと噂しているがいつか陽は昇ります・・・と説得します。

端宗は、首陽大君のいる平壌(松都)にチョン・ギュン内官を送ることに。
兄上が松都(ソンド)に長居しているのは殿下の使いを待っているからか~という
安平大君の妬みっぽい推測を端宗がソッコーで否定しています。
ちょっとキモいキム・ヨン内官はすっかり安平大君の手先スパイとなっていますね。
安平大君は永豊君(ヨンプングン=恵嬪息子)にも気軽に声をかけ、
領議政や右参賛らにも気安く接して気難しい首陽大君との違いをアピール中です。

ここで、工事を管理して私腹をこやすイ・ミョンミンという男が登場します。
彼は兵を工事に駆り出しており、そのおかげで重臣らの懐も潤っていました。
それを兵曹判書となったチョン・インジが問題視して厳しく抗議しはじめたため、
安平大君はチョン・インジを兵曹判書からはずそうと領議政に働きかけます。
チョン・インジの直訴でこの問題を初めて知った右議政キム・ジョンソは驚くも、
横領した資材で別宅を建ててもらったという噂を指摘されてムカーッ。
ミン・シンを呼びイ・ミョンミンの逮捕を命じますが、ミン・シンが拒否します。

端宗は、首陽大君のもとにチョン内官を送った二日後にはパク・ユンも送りました。
右議政が登庁しなくなり安平大君が政治に口出しし始めたと聞いた首陽大君は、
「私のことは話題に出さず、安平を信頼するそぶりをみせろ」と託しました。
首陽大君が「安平を信頼しろ」という伝言を端宗へ送ったと知った安平大君は、
その言葉に込められた兄の真意を汲み取り、謀反を早める決意をしました。
有能なのに兄の陰だった安平大君は、おだてる者は誰でも配下においたとか。
そんな中、都承旨カン・メギョンは首陽大君夫人ハン氏を訪問すると、
「恵嬪に会うときは淑嬪にも顔を出して力になれ」という大君の言葉を伝えます。

安平大君の勢いが増す中、ハン・ミョンフェはくさっていました。
天機がこない!主を読み違えた!と嘆いてクォン・ラムを怒らせます。これは演技?
そんな折、主が不在の首陽大君の屋敷で、ある事件が起こりました。
盗みを働いた使用人チョ・ドゥンニムに執事イム・ウンが厳しい罰を与えたのです。
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ 18話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 16話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント