*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 14話>

大好きな叔父上の首陽(スヤン)大君が明に行くのを端宗は泣いて嫌がりました。
右議政キム・ジョンソの独裁を快く思っていない吏曹判書イ・サチョルや
不在中の謀反が心配な集賢殿クォン・ラムも謝恩使(サウンサ)就任に反対する中、
首陽大君が死にに行くわけがない!とハン・ミョンフェだけが達観しています。

宮殿からの帰り、首陽大君は弟の安平大君を訪ねてこう言いました。
「私の不在中にキム・ジョンソはそなたをそそのかして謀反を企てるだろう、
私は王位を狙わないとキムと約束した、そなたが王位を狙ったら私が殺す・・・!」
安平大君はその場で硬直したまま、兄が去るとゴロンッと倒れちゃいました。

首陽大君の謝恩使志願に対して、右議政キム・ジョンソが取った行動は「辞職願」。
二人は互いの手に対して攻防することで双方の存在感を示す微妙な仲でした。
恵嬪ヤン氏は「キム・ジョンソに上書を返しに行き改めて任用しろ」と端宗を説得。
臣下の辞職を止めに行くなんて!と楯突くチョン・ギュン内官をつまみ出させます。
こうして端宗はみずから馬に乗ってキム・ジョンソの家に行くことにしました。
生まれの卑しい女のくせに!と譲寧(ヤンニョン)大君が恵嬪ヤン氏のことを罵り、
錦城(クムソン)大君(世宗六男)らも王室の権威が落ちたと憤慨します。

家に来た端宗に、キム・ジョンソは首陽大君の謝恩使就任の許可を求めました。
ついでに「殿下の世話役は恵嬪よりホン貴人のほうが気兼ねがないでしょうから
貴人から嬪に格上げしてはいかがでしょう?」と昇進まで取り付けちゃいます。
いつか借りを返してやる!ともちろん恵嬪ヤン氏が大激怒していまーす。

毎日お手紙ちょうだいね(涙)病気になったらお医者さんを送るわね(涙)と
けなげな恋人のような言葉をかけて首陽大君との別れを惜しむ端宗。
首陽大君の夫人ハン氏も旅の準備をしつつ夫の身を案じて涙を流しますが、
お義父上は帰って来れない旅に出るような人ではありません・・・と
息子・桃源君(トウォングン)の夫人ハン氏は余裕の微笑みを浮かべるのでした。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 57話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 13話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント