*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と妃」あらすじ 8話>

私のことなど忘れたかと思った・・・と泣いて首陽(スヤン)大君の手を取る端宗。
「内命婦を取り締まるためにも王妃を迎え、少しずつ政治をおこなうべきです・・・」
という首陽大君の助言を涙を浮かべながらうれしそうに聞いています。

その頃、夫人ユン氏や息子桃源君(トウォングン)とハン氏は恵嬪ヤン氏と対面。
恵嬪は右議政キム・ジョンソと首陽大君を交互に盛り立てるつもりのようです。
そんな恵嬪を「大王大妃様」と呼ぶ如才ないハン氏に、姑ユン氏が怒ってますよ。
そして桃源君とハン氏が去年結婚したばかりの新婚とはちょっと驚きでした~。
王室の婚礼には世子担当の嘉礼(ガレ)とその他の王族の吉礼(キルレ)があり、
明の皇帝の義弟ハン・ファクの末娘ハン氏と桃源君の結婚は都の話題だったとか。
ハン氏は新婚初夜から小難しいことを言って夫にハッパをかけてたんですねー。

右議政と和解なさっては?と領議政ファンボ・インに提案された首陽大君が、
次に哭泣するために殯宮へ行くと、先王を悼むオム・ジャチ内官と遭遇します。
祭壇に向かう首陽大君の姿をじっと見つめるオム・ジャチが思い出しているのは、
「謀反を企むとしたら首陽しかいない・・・」ともらした亡き文宗の言葉。
オム・ジャチは文宗の寵愛を受けて宦官の頂点に上り詰めた人物で、
後に首陽大君の政権奪取を助けるも、今度は世祖(首陽)の暗殺を企てるそうです。

松都の敬徳宮の仕事を辞めたハン・ミョンフェが、夫人ミン氏のいる都の自宅へ。
首陽大君が宮殿に行ったと知った安平大君は、イライラ中。
兵曹ミン・シンとその手下らは領議政ファンボ・インの取り巻きになりつつあります。
なにやら考え込んでいた右議政キム・ジョンソは、首陽大君の屋敷を訪ねました。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 56話>  | HOME | <「王と妃」あらすじ 7話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント