*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<ホン・グギョン(洪國榮)と勢道政治 その1>

正祖の時代を語る際に欠かせないのが
ホン・グギョン(洪國榮)の名と「勢道政治」。
今回はこの2つを取り上げたいと思います。

ホン・グギョンは1748年(英祖25年)生まれ。本貫は豊山(プンサン)。
「王道」での物乞い時代はおそらく創作だと思います。
グギョンは若かりし頃“流れ者のような生活をしていた”とも
“享楽にふけっていた”“放蕩者”とも書かれているので、
そこからインスピレーションを得て物乞い時代が描かれたのではないでしょうか。

恵慶宮ホン氏(正祖母)と同じ一族でありながらも
特にホン・インハン(洪麟漢)はグギョンのことを嫌っていたそう。
このあたり、ドラマの内容と一致してますね。

そんなグギョンですがあるとき一念発起してお勉強を始め
(「王道」ではムミョン大師に無理やり勉強させられ)
25歳のとき科挙の文科のひとつである丙科に合格!
15人中11番目での合格だったそうです。

侍講院(シガンウォン)説書(ソルソ)として世孫時代の正祖に仕えたことから
グギョンは世孫にとってなくてはならない存在になります。
あらゆる問題について世孫はグギョンに諮問し、
グギョンは世孫のために情報提供と助言を惜しみませんでした。
政敵ばかりの中で世孫にとってグギョンは唯一の頼れる存在。
世孫が王に即位するとグギョンは同副承旨→都承旨と大出世を果たし、
王を警護する宿衛所を創設して大将も兼任し(そのほかにも様々な要職を兼任)
正祖の側近中の側近へとのぼりつめていきます。
スポンサード リンク
<ホン・グギョン(洪國榮)と勢道政治 その2>  | HOME | <貞純王后の兄キム・グィジュの可哀想な追放理由>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント