*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王道(ワンド)」あらすじ 20話>

思悼世子(サドセジャ)の墓移設と呪いの話を聞いた英祖は病床で激怒!
和緩(ファワン)翁主が世孫(後の正祖)の鞠庁(クッチョン)を求めて騒ぎます。
ホン・インハンやホン・ナギンは領議政キム・サンチョルを責めて鞠庁を要求。
ホン・ボンハン(恵慶宮父)は陰謀に加担する弟インハンと息子ナギンを叱ります。

敵が狙うのはキム・グィジュの失脚、かえってよい結果を生むかもしれません・・・と
ホン・グギョン(洪國榮)はおろおろする世孫をなだめると、
グァンムンにムミョン大師宛の書状を運ばせました。
ところがグァンムンが敵に襲われ、大師も拉致されて行方不明になります。

今回の墓事件で世孫とともに弾劾されているキム・グィジュに近づくグギョン。
証拠捏造を防ぎたいグィジュは部下を華山(ファサン)に忍ばせていると話し、
大師らの拉致はチョン・フギョムの仕業に違いないと言います。

さて、グギョンの新妻は、ホン家の暗~い雰囲気をすぐに感じ取り、
実家とはちがって雰囲気が沈んでいるとナミに話していますよ。
もう一人の妻ウォルレは、妓生スンジのグギョンへの気持ちを初めて知り、
何も知らずに世話になっていたことを嘆いて妓生房を出て行っちゃいました。

英祖が席藁待罪(ソッコデジェ)を望んでいると聞いた世孫が、
すぐさま座り込んでお詫びしようとしています。
証拠がそろうまで早まらないでください!と必死に制止するグギョン。
“大師とグァンムンがチョン・フギョム宅にいる”という書状を受け取ると、
部下を引き連れてフギョム宅に乗り込みます!
スポンサード リンク
<「王道(ワンド)」あらすじ 21話>  | HOME | <「王道(ワンド)」あらすじ 19話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント