*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王道(ワンド)」あらすじ 15話>

怒った英祖が手にしていたのは、世孫(後の正祖)が書いた文章でした。
内容は、世孫の亡き父・思悼世子(サドセジャ)の行状を記したもの。
触れるのは禁止したはず!と憤る英祖を前に、世孫はオロオロと謝るばかり。
これは世孫様ご自身の日記の一節です!とホン・グギョン(洪國榮)が口を出し、
それに乗じて世孫も言い訳して英祖の誤解を解き、事なきを得ました。

東宮殿に戻った世孫とグギョンは、党争と外戚の横行が思悼世子事件を生んだ、
という互いの意見の一致を認め、手を取り合って信頼の絆を深めます。
英祖が高齢になった今なら思悼世子の墓参りを許してもらえるはずですとグギョン。
世孫の文章を外部に渡した春坊(世孫担当部署)の間者の割り出しも急ぎます。

手に入れた竹簡を鑑定士カン・ヒドクにみてもらったホン・インハンは、
180年前のものではなく新しいものだと言われてびっくり!
キム・グィジュの罠かそもそも本物は存在しないのか・・・と頭を悩ませます。
そのグィジュはインハンの家に見張りをつけており、鑑定士が出入りしたことや、
味方だと思っていたチョン左捕大将がインハンと結託していると知りました。

さてホン家はイ・ミョンソプの尽力で引っ越し先(わら葺きだけど)を見つけたよう。
ムミョン大師は拉致犯が口にしたインハンの名を聞いていませんでした(汗)が、
どうやらインハン宅のある貞洞(チョンドン)に監禁されていたと推測し、
さらにホン家を襲った賊と自分を拉致した賊は別だとまで見通しています。
信頼できる人物で世孫の側近を固めろと大師に言われたグギョンは、
イ・ミョンソプにその話を持ちかけ、改革への理想を熱く語るのでした。

急に英祖が世孫に禅位すると言い出し、必死に止める王妃(貞純王后)。
すると今度は人事権を世孫に任せ、グギョンが司書(サソ)に大昇進しました。
自分が出世させてやったのにチョン・フギョムはムカつきまくり、
妓生房にすっ飛んで行き、お前の情人だろ?と妓生スンジに怒鳴ります。

イ副提学(ってイ・ジョンミョン?)の娘との縁談が持ち込まれたグギョンは、
ウォルレを思い出して橋の下に行きました。
スポンサード リンク
<「王道(ワンド)」あらすじ 16話>  | HOME | <「王道(ワンド)」あらすじ 14話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント