*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「同伊(トンイ)」あらすじ 5話>

年に一度の禄取才(昇進試験)を前にした掌楽院で忙しく働くトンイ(同伊)。
池の鯉の死因を教えてあげたり楽師の鼻づまりを治したりとこまごま大活躍です♪
そこへ、明け方にヘグム(胡弓)を弾いていた楽師を粛宗が探しているとのしらせ。
奴婢が楽器を弾いたなんてバレたら大変!とファン主簿はだんまりを決め込みます。
肥大する西人派の勢力を抑えて南人派との均衡を図りたい粛宗は、
チャン・オクチョン(張玉貞=後の張禧嬪)を再入宮させて側室にするつもりですが、
あの夜聞こえてきた心地よい音をオクチョンに聴かせたいと思ったのでした。

宮殿には不吉な隕石が落ち、大臣らは隕石にこじつけてオクチョン入宮を反対。
粛宗は隕石を貫子(クァンジャ=髪飾り)にして大臣たちに配ってギョッとさせ、
こんな小さな災いを分けられないのにお前らの諫言を聞けと?と笑って報復します。
冗談好きで明るい、かなり新しいキャラに描かれている粛宗ですよ~

ウォンピョン君の誕生祝で大妃と西人派が何か企てている!掌楽院が怪しい!と
聞きつけた左尹オ・テソク(呉太錫)と甥オ・ユン(呉潤)が警戒を促すも、
オクチョンは余裕の態度を敵にアピールするために鋳鐘所(楽器製造部署)に現れ、
頭木匠に蝶の飾り(鍵牌)の修理と大妃(明聖王后)への贈り物を依頼しました。
後日、長寿を願う詩を刻んだ桐の琵琶をオクチョンから贈られた大妃は、
企みに気づいているというメッセージを読み取りムカついています。

ウォンピョン君の誕生祝が開かれる日、オクチョン(チョン尚宮)が再入宮。
大妃はオクチョンだけを宴に出席させず、それに心を痛めた粛宗は
楽師をオクチョンの部屋に派遣して恋歌(艶陽春)を演奏させます。
ところが、宴でもオクチョンの前でも、楽師たちの音がまったく合いません。
これは音変(ウムビョン)と呼ばれ、亡国之音(国が滅びる)と忌み嫌われる現象。
すぐさま宴が中止され、掌楽院の取調べが始まりました。

鋳鐘所に手伝いにやられていたトンイは、昔あの宮女が落とした鍵牌の絵を発見。
舟に乗る頭木匠を必死に追うも、見つけることはできませんでした。
さらに宴の日にオクチョンの姿を見て「あの日の宮女に似ている!」と気づき
オクチョンのようすを探っていると何者かに目隠しをされ小屋に閉じ込められます。
小屋の中には、鋳鐘所で働いていた編磬匠の遺体が転がっていました。
スポンサード リンク
<「同伊(トンイ)」あらすじ 6話>  | HOME | <「王道(ワンド)」あらすじ 8話>

スポンサード リンク


こんばんは~

そんな新しいスクチョン、みてみたいです!トンイ大活躍には惹かれないけど、スクチョンの冗談聞いてみたい…。演奏が合わないと亡国なんて、儒教で音楽は大事とよく読みましたが、大変そう。

そうそう、トンピョン君の祖母貴人趙氏と父祟善君の賜死ですが、書籍「朝鮮王朝史」に詳しくでていて、趙氏かなり腹黒そうでした!これは後に処刑されるのも当然、という…仁祖は嫡長子の昭顕世子だけでなく、その妃の姜氏も言いがかりで処刑したらしくうめ子様の仰っていた通り探すとめちゃくちゃダークな王様です(*_*)

ご存知でしたらスミマセン
[ 2010/08/13 23:39 ] [ 編集 ]
黄梅さま、コメントありがとうございます。

> そんな新しいスクチョン、みてみたいです!トンイ大活躍には惹かれないけど、スクチョンの冗談聞いてみたい…。演奏が合わないと亡国なんて、儒教で音楽は大事とよく読みましたが、大変そう。

まあそういわず(笑)トンイ大活躍名取佑子も見てあげてくださいまし。
スクチョンのキャラは新しかったですね~
後半は普通になっちゃうんですけど。


> そうそう、トンピョン君の祖母貴人趙氏と父祟善君の賜死ですが、書籍「朝鮮王朝史」に詳しくでていて、趙氏かなり腹黒そうでした!

姜氏のことはけっこうボリュームを割いて書かれていましたよね。
おっしゃるとおりダークです~笑
あと崇善君のことってどこにあるかすぐにおわかりですか?
そういえば仁祖のところってあまり読んでなくて・・・
もしおわかりでしたら教えてください。
[ 2011/01/31 03:52 ] [ 編集 ]
うめ子さまこんばんは!

「朝鮮王朝史」読み返したら、趙氏は555ページに「趙ソヨン」があったんですが、祟善君のことが見つけられず…また次の孝宗朝の569ページに、「張貴人」がでていて、「趙」の間違いの可能性もありそうな気がして…

祟善君についてはもしかしたら他のメディアで見たのかもしれません。すみません(>_<)
[ 2011/02/02 21:46 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!
質問に答えてくださってありがとうございました。

やはり王朝史に崇善君のこと載ってないですよね。
実録のほうには崇善君母がちらっと登場するのですが
王がかわったあとに処分された経緯は載ってなくて・・・
ドラマにもなってないみたいだし事件的には地味なのでしょうか。残念・・・

とりいそぎお礼まで。ありがとうございました!
[ 2011/02/04 19:36 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント