*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ簡易版 43~48話>

↓各話ごとの詳細版あらすじはこちら↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 ★あらすじ以外の記事をまとめて読む

保身に余念のない内医正チョン・ユンスとチェ一族との間に亀裂が入りかけていたところ、調味料からワライダケが見つかり、チェ尚宮とクムヨン(クミョン)は義禁府へ送られた。チェ尚宮らは後に、チェ一族に恨みを抱く前提調尚宮パク尚宮と通じる医女ヨルイ(ヨリ)の仕業だと気づく。パク尚宮に取引を持ち掛けられたこともあり、オ・ギョモはチェ尚宮らを助け出そうとしない。ミン・ジョンホはチェ・パンスル商団を捜索し、倭国のコショウを発見する。

尚膳と王妃(文定王后)は、王の病簿を見たチャングムを始末したように装い、秘密裏に中宗の病因を探らせていた。チャングムとチャンドクは、中宗の症状と似た患者の治療にあたり、やがて治療法を発見する。チョン・ユンスは狐惑病(こわくびょう)だと診断するも、チャングムの治療法と食い違っていた。

独断で事を進めていたのをオ・ギョモに責められた王妃は、チョン・ユンスに治療を委ねるが、中宗が回復しないため、チャングムに託される。ところが中宗が視力を失いかけ、チャングムとミン・ジョンホが捕らえられる。しかし結果的には好転し、視力を取り戻した。温泉地の牛の牛乳をいつも飲んでいたから雄黄(砒素を含む鉱物)によって中宗の肝臓が冒されたとチャングムは説明する。

チョン・ユンスが命を絶った。チャングムは彼の遺書を預かっていると主張し、チェ尚宮たちに自白を求めるが応じようとしない。チェ一族は過去の悪事を全て知るヨンロを都から離れさせようとし、オ・ギョモたちは証人として利用したがる。両者がヨンロを奪い合った後、チェ一族はヨンロにオ・ギョモを告発させた後、始末した。

チョン・ユンスの遺書の存在がクローズアップされ、事件の関係者が集められた。チェ一族は偽の遺書を用意し、ヨルイに提出させる。そこへチョン・ユンスが登場。硫黄アヒル事件の真相を知っていたためチェ一族に命を狙われていたので自害を装っていたことが判明する。こうしてかつての謀反事件の真相が暴かれた。

チェ尚宮は逃亡し、ミョンイの墓へ行った後に山道から転落。チェ・パンスルは移送中に亡くなり、オ・ギョモたちは配流された。チョン・ユンスとヨルイは医簿を剥奪。宮殿を追放されるクムヨンは、燃やすことができなかったチャングムの母の手紙をチャングムに渡して去る。チャングムは中宗にハン尚宮と母ミョンイの身分回復を願い、水刺間の最高尚宮に一時的に就任。秘伝の書に母の無念を記すのだった。
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ簡易版 33~38話>

↓各話ごとの詳細版あらすじはこちら↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 ★あらすじ以外の記事をまとめて読む

チャングムが両班の息子を治療した話を聞き及んだシン・イクピル教授は、チャングムに謙虚さが足りないとして、厳しい点をつける。しかし、イ・ヒョンウク教授の命令に背いて宴会に出席しなかったチャングムとシンビを評価。さらに、イ・ヒョンウク教授の行為を明るみにして、チャングムたちを医女試験に合格させた。

チャングムが内医院に配属されて間もなく、王妃(文定王后)が流産する。その後の病状が思わしくないため、チャングムは「流産ではなく、実は双子で、お腹にもう一人いるのではないか」と推測し、快復に導いた。だが、王妃を担当してきた先輩医女ヨリの面目をつぶしてしまう。

功臣田を削減するという案が持ち上がり、ミン・ジョンホたち士林派は賛成する。一方、オ・ギョモと結託しているチェ尚宮は、大妃(貞顕王后)を操り、シン主簿の過去の誤診を理由に治療を拒否させる。中宗はシン主簿を罷免し、功臣田削減も取り下げると言い出す。

そこでチャングムは、大妃に「賭け」を申し入れ、答えがわからなければ大妃が治療を受けるという条件で、なぞときを出題する。その答えは「母」。もし答えがわかったとしても、母である大妃は中宗を困らせないために治療を請けざるを得ないという巧妙ななぞときだった。

こうして治療を再開した大妃だが、長らく薬を飲んでいなかったため、衰弱していた。チャングムは大妃の嫌いなニンニクの臭いを消して配合した丸薬をつくり、大妃の体力を快復させた。

水刺間の最高尚宮となったクムヨン(クミョン)、提調尚宮に出世したチェ尚宮、一度きりの承恩で中宗に忘れられたさびしいヨンセン、左遷されたミン尚宮とチャンイ、済州島から都へ来た首医女チャンドク・・・。さまざまな人と再会するチャングム。内医正チョン・ユンスと通じているチェ尚宮は、チャングムを内医院から追放させようとするが、チャングムが次々と功を立てるため、なかなか追い出せない。そんなチェ尚宮に、ヨリが協力を申し出るのだった。
スポンサード リンク

<「宮廷女官チャングムの誓い」 あらすじ簡易版 26~32話>

↓各話ごとの詳細版あらすじはこちら↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 ★あらすじ以外の記事をまとめて読む

中宗が倒れたのを利用してハン尚宮の失脚を企むチェ・パンスル一族は、医官チョン・ユンスを抱き込み、温泉地での料理に問題があったとして追及。折しも、イオウを含む温泉水をアヒルが飲んでいると判明したため、ハン尚宮は窮地に陥る。オ・ギョモやチェ一族は、ミン・ジョンホら士林派も一緒に罪に問おうとするが、ミン・ジョンホを慕うクムヨン(クミョン)は猛烈に反対した。

チェ尚宮は下働きのホンに高熱が出る薬を仕込んだアワビを食べさせておき、その後にホンにアヒルを食べさせ、アヒルの毒性を証明。チャングムを守りたいハン尚宮は、一人で企てたことだと嘘を自白する。チェ尚宮は二人の斬首を望むも、ミン・ジョンホの必死の交渉が実り、済州島へ送られることになった。しかしその道中、尋問で衰弱していたハン尚宮が息絶えてしまう。

済州島で官婢となったチャングムは、首医女チャンドクと出会う。無骨で尊大な態度だが、彼女の仕事ぶりは人々からあがめられていた。医女になるのが宮中に戻るたった一つの方法だと知ったチャングムは、チャンドクの弟子になって医術を学ぶ。かつて負傷した自分を救ってくれたのがチャングムだと知ったミン・ジョンホは、済州水軍の万戸として就任し、チャングムを見守る。

治療法を探しに済州島にやってきた医官チョン・ウンベクは、久しぶりに再会したチャングムが復讐を目的に医女になろうとしていると知って憤慨する。チャンドクはチャングムに理解を示し、「医術と復讐のどちらもかなえてほしい」と語った。

鍼の訓練に失敗して以来、チャングムは鍼を打てなくなっていた。そこへ倭寇が襲来し、病気の首領を治せと命令。島民の命を守るため、チャングムは思い切って鍼を打つ。同時にミン・ジョンホとひそかに連絡をとり、倭寇を捕らえるのに力を貸した。あるときハン尚宮が亡くなった山でチャングムがお墓をつくっていると、その山の地主だという両班の少年に出会い、少年の病気を治す。医女試験があることを少年の父親から聞いたチャングムは急いで都へ向かい、試験に臨む。

チャングムが済州島で過ごす間、宮殿では、チェ尚宮が最高尚宮に就任。チャングムの親友ヨンセンは中宗に見初められ、承恩尚宮となっていた。
スポンサード リンク







 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント