*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<太陽を抱く月 あらすじ 雑談 まとめ>

「太陽を抱く月」は、朝鮮王朝の仮想時代を舞台背景にした恋愛史劇。
側室バトルや外戚排除や手形捏造やドロドロ席藁待罪といった
ひねくれた私が大好きな要素は少なかったのですが、
素直に見られておもしろいラブストーリーでした。
映像が美しく、泣きどころもありましたよ。
NHKで放映した「王女の男」も恋愛主体でしたが、
私は「太陽を抱く月」のほうがおもしろかったと感じています。
全20話と短いドラマですので、迷っている方はぜひご覧ください。


キャストは、主役(王フォン)がキム・スヒョンさん、子役はヨ・ジングさん。
ヒロイン(ホ・ヨヌ)がハン・ガインさん、子役はキム・ユジョンさん。
ヨヌの子役の方は、子役といえどももう立派な女優さんでした。
可愛さと賢げな表情とちょっと芽生えた美しさとを備えていて
「トンイ」のときよりもぐんと輝きを増していました。
ミナ公主の子供時代を演じたチン・ジヒちゃんもサイコーでした。
子供らしくてとってもイイ!吹き替えではなくぜひナマ声を聞いてください♪

「太陽を抱く月」あらすじ詳細版(各話版)や簡易版はこちらからどうぞ
★各話版1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
★簡易版1-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 ★ざっくりイッキ読み1-20話
★あらすじ以外の雑談記事をまとめて読む

「太陽を抱く月」の人物相関図(王族の系図)や登場人物エピソードなど
あらすじ以外の雑談記事の個別記事へはこちらからどうぞ。
<「太陽を抱く月」の公式ガイドブックを買いました!>
<「太陽を抱く月」原作本とドラマを比較しました!>
<「太陽を抱く月」の原作本を読みました!>
<「太陽を抱く月」の原作本を買いました!>
<太陽を抱く月 相関図 その4 宮殿や星宿庁(ソンスチョン)の人々>
<太陽を抱く月 相関図 その3 ユン家の人々>
<太陽を抱く月 相関図 その2 ホ家の人々>
<太陽を抱く月 相関図 その1 王室の系図>
<「太陽を抱く月」はコメディセンスもなかなか♪>
<「太陽を抱く月」の時代背景はいつ頃?>
<「太陽を抱く月」あらすじ20話のその後に>
<「太陽を抱く月」あらすじの合間に>
<「太陽を抱く月」あらすじ、はじめます>
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」の公式ガイドブックを買いました!>

気のせいかもしれませんが、ドラマの放映時期に対して今回は発売が早いような?
「太陽を抱く月」はフィクションなので時代解説への期待は少なかったのですが
星宿庁のことなどが詳しく出ているかも?とも思ったので一応買いました。

【送料無料】太陽を抱く月

【送料無料】太陽を抱く月
価格:1,470円(税込、送料込)



表紙はもちろんお若いお二人。(役者さんの名前は知りません)
これが「女人天下」だったら、睨みつけるナンジョンや文定王后なんでしょうね!

内容は、いつものように一話ごとのストーリーを見開きで紹介。
あとは予想はしていましたが、お若いお二人のインタビューがババーン。
その他の方々の取材や来日レポートもありますよ。もちろんお写真は綺麗です。
大人フォン役の方は、現代装姿より王様姿のほうがステキだと感じました。

歴史解説としては、呪術や星宿庁関係のことと、揀擇のことなど。
お世辞にもボリュームがあるとはいえません。
あらすじの中に恒例行事のように挿入されている歴史ミニコラムも
今回は仮想時代を舞台としたフィクションとあってあまり深くないです。
(時代劇をいくつか見た方なら知っているような内容が多いです)
ですので歴史情報を目当てにされている方は購入してもガッカリするかも。
早く先を知りたい!役者さんたちのページが見たい!という方にはおすすめです。
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」原作本とドラマを比較しました!>

「太陽を抱く月」の原作小説とドラマの違いをまとめてみました!
これから少しずつ追記していきますのでよろしくお願いいたします。

  ドラマ 原作小説
巫女アリ 巫女チャン・ノギョンがホ・ヨヌとかかわる動機として冒頭に登場。 巫女アリそのものが出てこない。ウィソン君エピもなし。
ホ・ヨヌの母
シン氏
第一話で巫女アリを助け、感謝したアリはシン氏がおなかに宿していたホ・ヨヌの運命を巫女友達チャン・ノギョンに頼んで死んだ。その後もヨヌを案じる母としてちょくちょく登場。ヤン・ミギョンさんが演じている。 話の流れで登場はするが、あくまでも「ヨヌの母親がいる」という事実にすぎない。ドラマ的には“オモニの愛”は必須だったのか、またはヤン・ミギョンさんのためか、ドラマのほうが存在感が強い。
黄色い蝶々 世子フォンとホ・ヨヌが出会うシーンの印象的な小道具。後に巫女ウォルも黄色い蝶々に反応する。 登場せず。世子フォンとホ・ヨヌは顔を見ないまま引き裂かれた。(恋心はヨムを通した文通で育まれた)
巫女
チャン・ノギョン
囲み目メイクで、(女優さんの年齢が)アラフォー 白髪で言葉遣いが乱暴な(たぶん妖怪ちっくな)老婆
巫女チャンシル 霊力をもつ巫女でチャン・ノギョンの神娘。幼い頃ヤンミョン君に助けられたことがある。 巫女設定はドラマと同じだが、ヤンミョン君と関わったエピソードはない。
キム・ジェウン 五衛都摠管が妓生に産ませた庶子。大提学ホ・ヨンジェの教え子で、ヨムやヤンミョン君と親友。科挙の武科を首席合格し、王を守る雲剣となった。無口でイケメン。 ドラマの設定とほぼ同じだが、原作のほうがキム・ジェウンの出番が多く、生い立ちや継母パク氏(イイ人)も登場し、深く描かれている。彼の家が政治にちょこっと絡んでいたりもする。実はヨヌに惹かれている。
ホ・ヨヌの記憶 過去の記憶のない巫女として王フォンに出会い、やがて記憶を取り戻す。 過去の記憶を持ったまま巫女として王フォンのそばに仕える。
侍女ソル 売られてきた自分にソルという名を与えてくれた若様ホ・ヨムをひそかに慕い続け、その妹であるヨヌが巫女になった後も忠実に仕える使用人。武術にすぐれている。 ドラマとほぼ同じだが、原作のほうが「ヨムへの恋慕」を示す記述が多いという印象(あくまで印象)。「今夜だけでも抱いてください」とヨムに迫って断られるシーンあり!
王妃
ユン・ボギョン
外戚ユン・デヒョンの娘。意地が悪く、使用人にホ・ヨヌの侍女ソルを叩かせたこともある。その後、ミナ公主の「学友」としてヨヌとともに宮中で同じ時間を過ごす。ホ・ヨヌが亡くなった後、その理由を知りながらも世子嬪を経て王妃となるが、王フォンに愛されず夜伽もかなわぬまま自らの手で命を終わらせた。 王に愛されない王妃という設定はドラマと同じ。だが幼少時のソルへの意地悪エピやミナ公主の学友エピはないので、ホ・ヨヌとの直接の付き合いはない。王に恋心を抱いたりギャーギャーとヒスるわけでもなく、どちらかというとおびえながら過ごしている。ドラマほどの存在感はない。なお呪術にはちょこっとだけ関わった。
ユン・デヒョン 大妃ユン氏の外戚。娘ボギョンを王妃にしたにもかかわらず、ヤンミョン君を王に推戴する謀反を企み、姪と結婚させようとする。 ヤンミョン君と結婚させようとしたのは実の娘で、王妃ボギョンの妹。ドラマを見たときから感じてはいたが、ハン・ミョンフェを彷彿させるキャラ。
禧嬪パク氏 王フォンの父・成祖の側室。王フォンの異母兄ヤンミョン君の母。三揀擇まで残ったが王妃にはなれず、不憫に思った成祖が側室に迎えた。成祖が崩御した後は、宮殿を出て尼寺で暮らしている。 成祖にとても寵愛されて長男ヤンミョン君を産んだという経緯が描かれている。見た目も心も美しい女人。実家に勢力がなく、世継ぎ争いを避けたいために、成祖と疎遠になることを望んだ。ドラマより存在感あり。
内侍
ヒョンソン
世子時代からフォンに仕えており、フォンのことをいつも気にかけ、世話を焼くが、よく行方不明になるフォンに悩まされてもいる。フォンが信頼し、気を許せる存在。見よう見まねのカヤグムを上手に演奏するなど、芸達者。お笑い担当キャラでもある。 チャ内官として登場する。あれこれ世話を焼くのは同じだが、ドラマほどキャラ立ちしてはいない。世子嬪の死後、厳しい刑罰を与えられ(おそらくフォンをヨヌの葬儀に連れて行ったのが原因)、2年間働けなかった。そのせいで今でも足を引きずっている。
カヤグム
(コムンゴ)
オレって器用だからカヤグムも弾けちゃうのさ!とばかりに王フォンが豪語していたが実はヘタだった。最終回の重要アイテム。 幼少時のエピソードやエピローグに「コムンゴ」が登場する。王フォンの腕前はドラマとは違い、コムンゴの名手という設定。
王フォンと
王妃ヨヌの仲を
表すエピソード
最終回で宮女たちが「おしどり夫婦」とウワサしているシーンが出てくるとおり、元子が生まれてからも夫婦仲はとてもよい。 王が決められた合房日を無視して中宮殿におわたりしすぎるため、元子の受胎日がわからず、四柱分析ができない。要はラブラブ。
全体の印象 黄色い蝶々が縁で惹かれあった、やんちゃな世子フォンとかわいい世子嬪ヨヌの恋物語。 ヨヌの存在感がドラマよりは薄い気がする。男性陣のほうを細かく描いているという印象。
スポンサード リンク







 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント