*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます

<美智子(母)の趣味>

うちの美智子(母)は、世のオバさまたちの例にもれず、
ワイドショーが大好き♪
最近の話題はやっぱり鳩山ファミリー。
民主党や鳩山さんの政策にまったく興味はなくとも
鳩山家の日常にはとーーっても詳しいようです。

さてそんな美智子から本日電話がありました。

(深刻そうな口調で)「あのね・・・うめ子ちゃん・・・」

「なになに?」

「首相指名のとき、見た?」

「何を?」

「奥さん」

「あ~鳩山夫人のこと?国会に来てたみたいね」

「あのとき・・・」

「着てた服のこと?(またこの話かいっ)」

「ううん。
夫人の隣にとっても垢抜けた人が座ってたけど
うめ子ちゃん誰か知ってる?」

「知らん!」

「(私を非難するように)まあ・・・
知らないの?見てないの?

「幸夫人には大して興味ないしテレビもそんなに見てないの!」

でもチャカチャカとPCを叩いて調べてあげる私・・・
(普段から私は美智子の検索マシーンです)

「あ、わかったよ、松野官房副長官の奥さんだって」

「ふーん(松野さんを知らないので途端に興味を失ったもよう)
ところで今日デパート行ったんだけど・・・」

私、いつもこんな電話に付き合わされてます。
(話題は買物とファッションとテレビonly!)

思えば雅子さまが皇太子妃に決まったときも
「雅子さまより優子さん(お母さん)のファッションが気になる」と
必死にテレビ画面を追っていました。

このままではボケてしまう!どうか趣味でももってほしいと思うのですが
「買物のことを考えて頭を使っている」
と言い張って譲りません。
読書なぞもすすめているのですが
「エクラとプレシャスを読んでるからいい」
と答えます。(たまに婦人画報も加わります)

この前珍しく読みたいと思った本があったそうなのですが
「どんな本!?」と聞いたら
「それがね・・・忘れたのよ」と言ってました。

無理に趣味を持たせる必要はないと思うのですが
美智子の老後がちょっぴり心配です。
スポンサード リンク

<そうは呼びたくないけれど“懐メロ”に浸ってます>

急に松田聖子の「マイアミ午前5時」が聞きたくなって
古いCDを引っ張り出して
ここ数日は聖子ちゃんワールドに浸ってました。

むかしテレビ番組でやる“懐メロ”といえば
グループサウンズやらムード歌謡やらだったけど、
今や聖子ちゃんの歌も若い子たちから見たら立派な懐メロなのでしょうね。

聖子ちゃんはいい歌をいーーっぱい出しているけれど
「瑠璃色の地球」みたいないわゆる名曲扱いされている曲は
いかにも「いい曲でございますでしょ」みたいなあざとさも感じて
実はそんなに大好きというわけではありません。
(嫌いじゃないんですけどね。
聖子ちゃんの歌は別に名曲扱いされんでもいいよ!みたいな
天邪鬼精神をもってしまうひねくれものの私です)

その点「マイアミ午前5時」は
聖子ちゃんらしい甘さと切なさがあって
海外が舞台で季節は夏・・・
“聖子の歌”としての完成度がかなり高いと思っています。

♪靴の底には砂がつまって痛いから
♪逆さに振れば二人だけの夏がこぼれるわ

♪あなたの腕の缶のビールを
♪いたずらにひと口飲んで
♪遠い船の灯りかぞえたわ

歌詞もとってもかわいい。
これぞ松本隆せんせ!って感じの素晴らしさ。
作曲は来生たかおせんせです。

もっと他にも好きな曲はたくさんあるのですが
この記事は「マイアミ午前5時」がいい曲だ!
という話題にてとりあえず終了します♪
スポンサード リンク

<私も立派な卑しい輩になりました>

「お尋ねいただいていた商品が入荷します~」と
あるショップから連絡がありました。

年代のせいか、美智子(母)のせいかわかりませんが、
どちらかというとデパート派なうめ子。
いつもならばお取り置きしてもらえるのに
そのお店はいわゆる若者がいくようなセレクトショップなので
お取り置きはNON!なシステム。
(私がお得意様ではないってことも理由なのかも)

ショップの店員さんの電話対応はとても感じがよく
けれども私が手をかえ品をかえ質問してみても
やっぱりどうしても確実にキープすることは無理みたい。
人気商品とのことなので余計にそうなのでしょうね。

おもわず
こっそり心づけを渡すからキープして!
って言いそうになり
すんでのところで
やばい、今はドラマじゃなくて現実よ!
とハッと気づいた私。

いやはや、韓国ドラマ(&中華ドラマ)の見過ぎのせいか
すっかり卑しい輩になってしまいました。
置簿冊に記されてチュリの刑をうけずにすんで何より。


トシくってきたせいもあるのでしょうね、
手に入れるまでの手間隙を考えると
ちょっとの賄賂(=心づけ)ですむなら
そっちのほうがラク!と思ってしまう自分がいます。

いつまでも若き精神で清廉な人間であろうと誓ったうめ子です。
スポンサード リンク







 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント